ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

橋本環奈がお嬢様でタカビーなフルートさん? 映画『ハルチカ』と『吹奏楽器擬人化まんが』の登場人物を比べてみた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

キラキラ王道アイドル・SexyZoneの佐藤勝利、「1000年に1人のアイドル」と称される橋本環奈がW主演を務める映画『ハルチカ』が3月4日から公開されますね。


廃部寸前の吹奏楽部を舞台にした「吹キュン純愛ムービー」という本作は、原作小説も大ヒットしたシリーズで、ドラマ・映画で旬の若手俳優たちも脇を固めるなど2017年春公開作品の中でもとりわけ注目を集めています。かくいうSexyZone好きな宣伝担当Sも観に行きますよ! ただ、作品のファーストインプレッションは「勝利の“春太”で」と決めているため、原作小説は映画のあとで読む予定ですが、(勝手に)映画をもっと楽しむためにと読んだ本があります。それが、『吹奏楽器擬人化まんが』(KADOKAWA刊、著者:みの田うろす、監修・コメント:オザワ部長)です。※普段の流れで「勝利」と呼ばせてください。

pixivでの「楽器擬人化4コマ」が話題となったみの田うろすと、“あるある”な総合吹奏楽情報サイト『ある吹ネット』http://arusui.net/を運営し、『吹部ノート1・2』(ベストセラーズ)、『あるある吹ペディア』(学研プラス)など吹奏楽に精通した吹奏楽作家オザワ部長がタッグを組んだ本作。金管編、木管編、打楽器編、えくすとら編で構成され、登場する楽器は21人! 現役吹奏楽部員も、元吹奏楽部員はきっと「あるよねー」とうなずき、楽器に詳しくない人は超個性的な楽器に興味を持つこと間違い無し! という宣伝文句だったので、これは映画『ハルチカ』を観る前にぴったりじゃないかと思い手に取った次第です。 映画の公式サイトを見ながら、勝手に登場人物たちとこの『吹奏楽器擬人化まんが』を比べて1人楽しんでみました!

 まずは、春太のホルンをチェック! 映画公式サイトによると春太は頭脳明晰らしいのですが、『擬人化まんが』ではどういう感じなのでしょうか。

…なんとなく頭脳明晰っぽい。したたかそう。そして「繊細かつオラついた象のような音色をしている」とのこと。オラついた象!? オラついた象を見たことがないので、どんな音かは想像でしかないのですが春太(勝利)が奏でる“オラついた象”はどんな感じなのかワクワクしてきました。

続いて環奈ちゃん演じるチカ


フルートはヒロインが吹きそうな楽器のイメージを勝手に持っていますがいかがでしょうか。

やはり。環奈ちゃんぴったりじゃないですか。お嬢様・・・なるほど、抱くイメージは皆同じなのかもしれません。そしてフルートは「尺八奏者がフルートを吹くと尺八の音がする」というぐらい、奏者の個性が強く出るらしいです。「真っ直ぐな性格で負けん気の強い」チカらしい音が出ているのか、耳を凝らして聴いてみようではありませんか。

次は、なんとなく気になった清水尋也さん演じるパーカッションの檜山。


私、映画『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』の清水さんを見て、陰のある雰囲気がとてもいいなと思っていたので彼のパーカッションをチェックしました。公式サイトによると、とあるきっかけで登校拒否になったそう。写真もなんとなく陰を抱えているような感じ…。と思ってパーカッションを見たら、なんとも孤独を感じるエピソードでした。
(祖父の死という辛いことがあったからそれで「ロンリーハート」になったのかと勝手に妄想してしまいました)

ただ、孤独を抱えている人だからこそ、心許した人には誰よりも優しいとかそういうもの持っているような気がするんですよね。檜山(清水さんも)、要チェックです。

次に、元野球部で吹奏楽部に入った平岡拓真さん演じる宮本(アルトサックス)。


写真を見ると、モテモテでブイブイ言わせてそうな雰囲気ですね。

5

やはりこちらも宮本のイメージに近い感じでした。見た目から金管楽器と思われがちですが、木管だというアルトサックス。宮本も見た目はやんちゃだけど、実は仲間思いで・・・みたいなキャラクターだったらとてもぴったりじゃないですか、とここでも妄想爆発。

最後にあげるのは部長・片桐の彼女、オーボエ奏者の野口わかば


なぜ彼女を取り上げたかというと、オーボエは吹く時に特徴があるらしいからです。(オーボエさんが実演してくれています)

・・・確かに恥ずかしい。でも、オーボエさんが言うように、きっと、片桐と野口はそんなちっちゃなことでは揺るがないカップルなんでしょう。(実際はみんな本気(マジ)だからそんなこと気にもしないんだと思う)

他にもかわいい女性陣に擬人化したフルートやピッコロ、クラリネットなど、様々な楽器たちが登場するので、楽器経験者はどういうキャラに擬人化しているのか予想して読んでみるのも楽しいですよ。その上で映画『ハルチカ』を楽しみましょう!

みなさんもぜひ映画とともに『吹奏楽器擬人化まんが』と原作の『ハルチカ』シリーズ(KADOKAWA)、漫画『ハルチカ』も楽しみましょうね! 以上、“佐藤勝利推し”の担当Sでした!

●『吹奏楽器擬人化まんが』の詳細はこちら♪
http://www.kadokawa.co.jp/product/321608000110/[リンク]

●映画『ハルチカ』公式サイト
http://haruchika-movie.jp/[リンク]

●文庫『ハルチカ』シリーズ
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/character-novels/series/haruchika.php[リンク]

●漫画『ハルチカ』少年エースで好評連載中!
https://web-ace.jp/shonenace/contents/1/[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: KADOKAWAの中の人) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。