体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「クリームシチュー」は「キャベツ入れすぎ!?」くらいで丁度いい【野菜不足解消ブランチ】

f:id:kanagohan:20170214134003j:plain

お野菜たっぷりのシチューでほっこりブランチタイム

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

私、寒いのが苦手です。冬の澄んだ空気や、イルミネーション、スノーボードなどは好きなのですが、寒いのだけは耐えられないです。さむーい日は、あたたかいものはふはふ言いながら食べたいですよね。

というわけで、今回ご紹介するのは15分くらい煮込めばできる「たっぷりキャベツのコーンクリームシチュー」です。いつもシチューの素を使っているという方にも、さっと溶ける「コーンクリーム缶」は便利でおすすめです!

北嶋佳奈の「たっぷりキャベツのコーンクリームシチュー」

【材料】(たっぷり2~3人分)

鶏もも肉 1/2枚 塩、こしょう 少々 薄力粉 大さじ1 キャベツ 1/4玉 玉ねぎ 1/2個 人参 1/2本 バター 10g (A) コーンクリーム缶 1缶(190g) 水 1/2カップ 無調整豆乳 1/2カップ 顆粒コンソメ 小さじ1 ローリエ あれば1枚

作り方

f:id:kanagohan:20170214134006j:plain

1. 鶏もも肉は一口大に切り、塩、こしょうをふって薄力粉をまぶす。キャベツはざく切り、玉ねぎはくし形切り、人参は小さめの乱切りにする。

f:id:kanagohan:20170214134008j:plain

2. 鍋にバターを熱し、中火で鶏もも肉を全体に焼き目をつけ、玉ねぎ、人参を加え炒める。

f:id:kanagohan:20170214134010j:plain

3.キャベツと(A)を加え、ふたをして弱火で15~20分煮て、塩、こしょうで味を調える。

次の日は、もっとクタクタとろとろの野菜が楽しめます!

f:id:kanagohan:20170214134013j:plain

キャベツを加えた直後は、「こんなに入れて大丈夫!?」と思うかもしれませんが、煮込むとかさが減って、とろとろシチューのできあがりです。お野菜がたくさん食べられます。

たっぷり作っておけば、次の日はもっとくたくたとろとろでおいしいシチューが楽しめます。それに、ご飯にかけたりパスタを入れたりとしばらく食べ続けられるところもおすすめです!

【SNS映えさせるワンポイント】

写真に撮る時は、煮込んだお鍋も一緒に。「あつあつシチューをいま注いだところ」を演出しましょう。バゲットなどを添えても食卓感が出ていいですね。ぜひお試しください! では、また!

作った人:北嶋佳奈

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。