ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

鳴き声から鳥の名前を導きだす鳥版Shazamアプリ「Song Sleuth」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

北米200種の鳥を鳴き声から検索できる「Song Sleuth」周囲で流れている音楽を認識し、曲名を表示する「Shazam」は、音声認識技術を活用した代表的な情報検索ツール。

では、この仕組みを応用し、鳥の鳴き声からその名前を導きだすことはできないだろうか。

・鳴き声から鳥の名前を探し当てる“鳥版Shazam”

「Song Sleuth」は、米ボストンのWildlife Acoustics社が10年かけて開発した独自のアルゴリズムにより、鳴き声から鳥の名前を自動的に探し当てるiOS対応アプリだ。

スマホアプリ「Song Sleuth」のサンプル画面アプリを開き、鳴き声を録音すると、北米に生息するおよそ200種の鳥の中から、その鳴き声に最も近い鳥3種を自動的に示す仕組み。

鳴き声のサンプルや鳥のイラストなど、鳥図鑑「The David Sibley Bird Reference」に掲載されている詳細情報にもアクセスすることも可能だ。

「Song Sleuth」は、現在、1,200円(9.99ドル)の有償アプリとして提供されている。

・バードウォッチングのおともに

鳴き声から鳥の名前を検索するアプリとしては、「Song Sleuth」のほか、英国の鳥を対象とした「Warblr」や、英国および欧州の北西部を網羅する「ChirpOMatic」、日本の「さえずりナビ」などもすでにリリースされている。

これから春の季節に向けて、これらのアプリとともに、バードウォッチングに出かけてみてはいかがだろう。

Song Sleuth

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。