体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

富山県珍味「ほたるいかの素干し」を炙ったら美味すぎて止められなかった【お取り寄せ】

f:id:Meshi2_IB:20161222110814j:plain

みなさん、こんにちは! 安くてうまいものをただひたすら探すことが趣味の放送作家、秋本です!

突然ですが、みなさんは富山県の名産「ほたるいかの素干し」をご存じでしょうか。

富山湾で捕れたほたるいかをシンプルに素干しにした郷土珍味ですが、そのうまさと言ったら1つ食べたら病みつきになり、次から次へ手を伸ばしてしまうほどかなり中毒性の高い珍味なのだとか……。

酒のつまみにほたるいかは至極の一品

ほたるいかの中毒性、その理由はかめばかむほど味の出るほたるいかの自然な美味しさと、何といっても酒のつまみとして最高にもってこいの塩気と味わい。

さらにワタの部分をライターで炙れば、中からトロッとした苦みと香りのあるワタが出てきてそのうまさが何倍にもなるのです。気づけば誰もがほたるいか中毒者になってしまいそう。

酒好きの私としてはそんなアブナイ珍味があると聞いて黙っているわけにはいかないと、早速購入することにしました。

今回は、売り上げを伸ばし、今では富山県で一番売れているという「ほたるいかの素干し」を販売している「有限会社 浜浦水産」から、17尾入り 514円(送料別)をお取り寄せしてみました。

商品は専用サイトより購入が可能であり、注文すれば数日後に到着します。

f:id:Meshi2_IB:20161222110553j:plain

浜浦水産の商品は「素干し三兄弟」と称される、3つの味のバリエーションが揃うのも特徴です。

その味は「プレーン」、「ピリ辛」、「カレー味」の3種類!

これも他の会社ではあまりやっていないアイデアで浜浦水産の人気の秘訣。パッケージには社長のアニメキャラもデザインされていてとてもキャッチーですね。「んまいちゃ」とは富山の方言で“美味しい”の意味とのこと。

f:id:Meshi2_IB:20161222110628j:plain

商品を開けるとこんな感じ。ぎっしりと1袋に17尾が敷き詰められています。

f:id:Meshi2_IB:20161222110704j:plain

それを今度は各味1尾ずつお皿に取り出してみました。

よーくみると結構グロテスク。その見た目はまるで宇宙人で、マンガの火星人や怪獣のようです。

少しためらいながらも、まずはプレーン味を炙らずにそのままで食べました。うん。絶妙な硬さ。かむとジュワっと味わいがでる。美味しい。

お次はピリ辛味。ピリッとしてパンチが効いている。美味しい。

最後はカレー味。これまた裏切られないカレー味のスパイシーな美味しさです。

またプレーンに戻る。美味しい。

それを食べきる前にピリ辛に手が伸びる……。

は! いかんいかん! 無意識のうちに二巡目を食べ始めていた!!

ちゃんとレポートしないと。やはりこの美味しさはアブナイ! 集中しないと意識を持っていかれる。これは一種見た目が宇宙人みたいなので、何らかの催眠術を掛けられているのかも知れない!?(笑)

気を取り直して、今度はおススメの食べ方“ライターで炙って”みます

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会