ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

福島県が『ポケモンGO』公認観光マップを全国で初めて公開 Nianticとポケモンが自治体と共同で周遊マップ作成へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
福島県が『ポケモンGO』公認観光マップを全国で初めて公開 Nianticとポケモンが自治体と共同で周遊マップ作成へ

福島県は2月23日、全国で初となる人気ゲームアプリ『ポケモンGO』公認の観光マップ『ふくしまDEぶらり観光MAP』を公開しました。須賀川市のマップ公開を皮切りに、県内39市町村のマップを順次公開していきます。

公開されたマップには、観光スポットやおすすめ観光ルートの案内に加えて、『ポケモンGO』で現実世界の拠点となる“ポケストップ”や“ジム”の所在地を掲載。ゲームに参加しながら、地域の歴史や人との出会いなど、その土地ならではの魅力に触れられるマップになっています。

ポケモン GO公認ふくしまDEぶらり観光MAP公開 – 福島県ホームページ
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32031a/pokemongo-fukushimamap.html

福島県に続いて、京都府が宮津市(天橋立)のマップを3月ごろに配布を予定。『ポケモンGO』を提供するNianticとポケモンは、こうした周遊マップ作製を希望する自治体に対して、公認素材やマップテンプレート、利用ガイドラインを無償で提供します。既に福島県・京都府を含む50以上の自治体から問い合わせがあるとのこと。

pokemongomap2

周遊マップを作成した自治体には、『ポケモンGO』プレイヤーにゴミの持ち帰りを促すために、“モンスターボール”をモチーフにしたゴミ袋を提供。ポケモンがゴミ袋の頒布を担当します。

Nianticとポケモンは、地域の状況に合わせて“ポケストップ”や“ジム”を増設し、より自治体が活用しやすい環境の整備に取り組む方針。「この“リアル・ワールド・ゲーム”の性質を活かし、各自治体が周遊マップを作成することで観光客の誘致、地域の魅力の訴求、地域住民同士の交流を推進することを支援してまいります」とプレスリリースを発表しています。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。