体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年版『アジアのベストレストラン50』が発表 日本からは9店がランクイン

asia50

ミネラルウォーターブランドのサンペレグリノとアクアパンナがメインスポンサーを務める、第5回『アジアのベストレストラン50』が発表され、日本からは計9軒がランクインしました。

『アジアのベストレストラン50』にランクインした日本のレストラン
6位:NARISAWA(南青山/フレンチ)
7位:日本料理 龍吟(六本木/懐石)
11位:傳(外苑前/創作和食)
12位:レフェルヴェソンス (L’Effervescence)(西麻布/フレンチ)
14位:フロリレージュ(Florilege)(外苑前/フレンチ)
18位:カンテサンス(Quintessence)(北品川/フレンチ)
26位:鮨 さいとう(六本木一丁目/寿司)
34位:ハジメ(大阪・肥後橋/フレンチ)
50位:TAKAZAWA(赤坂/創作和食)

いずれも『ミシュランガイド』でも星を獲得している名店ばかり。部門賞では、“エスキス”(銀座/フレンチ)の成田一世氏が『アジアのベストパティシエ賞』を、“傳”(外苑前/創作和食)が『アジアのアート オブ ホスピタリティ賞』を獲得しました。

なお、1位はタイ・バンコクの“Gaggan”。同店はこれで2015年、2016年に続き3年連続1位となりました。インド人シェフのガガン・アナンド氏が作るフュージョン料理が高く評価されています。

『アジアのベストレストラン50』は、アジア各国で活躍する300名以上のフードライター、料理評論家、シェフなどからなるメンバーの投票によって決定されるもの。投票は審査員が過去18か月以内に実際に食べに行ったことのあるレストランに限られ、それぞれが持つ7票のうち少なくとも3票は自国以外に投票しなければならないといった厳格なルールの下で行われるということです。

画像とソース:『Facebook』より引用
https://www.facebook.com/Asias50BestRestaurants/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。