ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

発電エネルギー源は“尿”!スタンフォード大学開発の長寿命バッテリーに期待集まる!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
urinebattery先日、胃酸を利用して発電するバッテリーを紹介したが、今回はスタンフォード大学が開発中の“尿”で発電するバッテリーを取り上げたい。

これはアルミニウムイオンバッテリーに、主成分が尿からできた尿素を使った電解物を用いる方法だという。

・2015年にオリジナル版を開発

Hongjie Dai氏を中心とする研究チームでは、2015年にオリジナルバージョンのバッテリーを開発した。これにはEMIC (1-ethyl-3-methylimidazolium chloride、1-エチル-3-メチルイミダゾリウムクロリド)という化学混合物が使われていて、塩化アルミニウムと混ざると、 液体塩、イオン性液体を生み出す。

・尿素ならコストが100倍ダウン

ところでバッテリー開発につきものなのが、物質や生成手順にかかるコストの問題。また、環境問題への影響も気になる。

このEMICは値段が張るため、代替品を探していたところ、尿素にたどり着いたという。尿素は肥料に使われる成分の1つで、EMICに比べると100倍コストが安く、パフォーマンスは良好とのこと。EMICが1キログラムあたり50ドルかかるところ、尿素はたったの0.5ドル。圧倒的なコストダウンが図れそうだ。

・長寿命の充電サイクルも大きな魅力

ただし、普通のリチウムイオンバッテリーと比べると、エネルギー密度は半分以下となる。だが充放電レート特性が高く、不燃性であるため安全性も高い上、コストがはるかに安い。チャージは45分以内に完了するという。

バッテリーのクーロン効率は99.7パーセントと非常に高く、長寿命の充電サイクルが期待できるという。ラボの実験では1500回以上の充電サイクルを達成したとのこと。

・低コストなので大規模発電施設に有用

とにかく低コストがなのがウリなので、プラントなど大規模な発電施設などで有用性が高そうだ。とはいえ、この研究が実用化されるのはもう10年ほどはかかる見込みで、チームではさらなる化学プロセスの改善、改良をおこなっていきたい意向。

Stanford University

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。