体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レゴの屋内型エンターテインメント施設『レゴランド・ディスカバリー・センター東京』が6月オープン 発表会と体験レッスンに参加してきました

レゴの屋内型エンターテインメント施設『レゴランド・ディスカバリー・センター東京』が6月オープン 発表会と体験レッスンに参加してきました

『レゴランド』『マダム・タッソー』などのアトラクション施設を世界19か国で手がけるマーリン・エンターテイメンツは、6月中旬にレゴの屋内型エンターテインメント施設『レゴランド・ディスカバリー・センター東京』をオープンします。同社は1月22日、施設が建設されるデックス東京ビーチで発表会を開催。レゴ認定プロビルダーによる体験レッスンも開かれたこの発表会のレポートをお届けします。

※記事には多数の写真を使用しています。すべての画像をご覧になりたい方はガジェット通信をご覧ください

子どもから大人まで楽しめるアトラクション

レゴランド・ディスカバリー・センター東京ジェネラル・マネージャーの橋木辰政氏

『レゴランド・ディスカバリー・センター』は、イギリスのマンチェスター、ドイツのデュイスブルグとベルリン、アメリカのシカゴとダラスに開設されている屋内型のエンターテインメント施設。アジアでは初めて東京に開設されます。発表会では同施設のジェネラル・マネージャー橋木辰政氏が施設の概要を紹介しました。

海外の『レゴランド・ディスカバリー・センター』の様子

施設は『レゴブロック』がどのように作られるかを見学できるファクトリーツアー、ライドに乗って楽しむレーザーシューティング、ミニチュアの街『MINILAND』、『レゴブロック』でレースカーを作って楽しむレース施設、アスレチックなどから構成。3~10歳の子どもを対象にしています。『レゴランド・ディスカバリー・センター東京』はデックス東京ビーチの7階全フロアで展開し、子どもが遊んでいる間に大人がゆっくりできるカフェや、貸し切り可能なパーティールームも設置。「平均滞在時間は2~3時間なので、休日はショッピングや食事の合間、平日は学校帰りにも楽しめます」(橋木氏)とのこと。

施設には『レゴブロック』で制作された作品が多数展示されるほか、施設そのものも200万個以上の『レゴブロック』で作られているとのこと。大人はこれらを見るだけでも楽しめそうですね。ストアも併設されるので、『レゴ』製品のショッピングも楽しめます。

マスタービルダーを募集中

プロビルダーの三井淳平氏

『レゴランド・ディスカバリー・センター東京』では、『レゴブロック』制作の専属スタッフであるマスタービルダーが作品を制作したり、来場者に『レゴブロック』制作のレッスンを開きます。ここで、日本人で初めて『レゴブロック』制作のプロとして認定されたプロビルダーの三井淳平氏が紹介されます。

会場に展示されたホワイトタイガー

三井氏は、約2000パーツで制作されたホワイトタイガー、1mサイズになるスノーマンやパンダなど、大規模な作品を制作してきたプロビルダー。会場にはホワイトタイガーの作品が展示されていました。さすがプロの作品はスゴい!

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。