ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『氷結』から新ユニット『おでんパ組』デビュー! おでんの日にミュージックビデオが公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
top

『氷結専用おでん』当たる! キリンビールのキャンペーン。先日、ガジェット通信の記事でもご紹介した『氷結専用おでん』。

記事こちら:
【動画アリ】『氷結専用おでん』と秋葉原名物『おでん缶』を食べ比べてみた
http://getnews.jp/archives/1620866

『氷結』専用とされた“おでん”だけあって『氷結』との相性がもちろん抜群なのですが、さらにおでんとの相性を高めるような動画が登場します。『氷結』とおでんの抜群の組み合わせを啓蒙するアンバサダーとして、出川哲朗さんとでんぱ組.incから相沢梨紗さん、古川未鈴さん、夢眠 ねむさんが起用され期間限定ユニット『おでんパ組』を結成。ヒップでポップなミュージックビデオ『ODEN-PA』が2月22日(水)より公開。

【動画】氷結 おでんパ組「ODEN-PA」 ミュージックビデオ(YouTube)
https://youtu.be/gZ9Oe9DXijg

『氷結』おでんパ組『ODEN-PA』ミュージックビデオが公開

1

今回公開されたおでんパ組によるミュージックビデオ『ODEN-PA』は、『氷結』がこの冬オススメをする、キンキンの『氷結』と一緒に食べていただきたいアツアツの“おでん”をモチーフに、“おでんパ(=おでんパーティー)”の楽しみと、『氷結』×おでんの抜群の組み合わせを表現した1曲。

3

ミュージックビデオでは、出川哲朗さんが一人二役を演じ、MCに扮した弟のDega Wild(デガワイルド)、そしてメタリッ クに輝く兄・テッチャン・オデン=パとして登場。

5

Dega Wildは、出川さんとは思えない流暢な英語のラップやダンスをする脱力系MCとして、いつもと違う“あたらしい”出川さんの姿を垣間見ることができます。また、シュールな全身タイツに身を包んだテッチャン・オデン=パとして、十八番リアクション芸の定番“アツアツおでん”も披露.します。

6

でんぱ 組.incのメンバーは、おでんの形をイメージした個性的な衣装で、おでんパシスターズとして登場。

8 9 10

3人一緒に可愛く踊ると『氷結』を口にし、ミリン・ダ=イーコンは大根、リサ・ハン=ペインははんぺん、ネム・トゥーフーは揚げ豆腐と、モチーフとなったおでんをバックにソロパフォーマンスを披露します。おでん串のようにつながった3人のキュートな動作と、時折入るかわいい“合いの手”に注目です。

24 23

新世代アーティストとしてシーンを牽引するトラックメーカー・Seihoさんが作曲した、何度も繰り返し聞きたくなる音楽に合わせ、おでんの幾何学模様やターンテーブルを回るおでん鍋などが登場。また『氷結』から成るスペースコロニーや 宇宙を泳ぐおでんなど、通常のおでんとは異なる、アートなおでんのビジュアルも目を引きます。

21

2月22日は「ふーふーふー」でおでんの日らしいので、動画をみながら『氷結』とおでんを楽しむもよし、キャンペーンに今から応募するもよしですよ!

公式サイト

おでんパ組 特設サイト
http://atarashiku.hyoketsu.com/#oden[リンク]

詳細情報

『氷結専用おでん』当たる!キャンペーン
『氷結』はこの冬、アツアツの“おでん”をキンキンの『氷結』と一緒に食べていただくという、食卓のあたらしい楽しみを提案してまいります。その皮切りとして、「『氷結®専用おでん』当たる!キャンペーン」を2017 年1月31日(火)より実施中です。
特設サイト
http://cp.hyoketsu.com/[リンク]
応募締切:2017年3月27日(月)24時

景品『氷結専用おでん』について
『氷結専用おでん』は、キンキンに冷えた『氷結』と一緒に楽しめる、厳選された おでんの具5種類をパウチ&オリジナル缶型ケースに入れたレトルトおでんです。 出汁には、キンキンの『氷結』とさらなる相性を求めて唐辛子を加え、ピリ辛で HOTな味わいとなっております。
具:こんにゃく、大根、さつまあげ、うずら卵、焼きちくわ

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。