ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富野由悠季『この世界の片隅に』を立ち見で鑑賞し絶賛「悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラ(笑)」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


公開から15週を経てもなお、映画興行収入ランキング10位以内をキープし、累計動員数が160万人を突破した映画『この世界の片隅に』。2016年を代表するアニメ映画が日本を代表するアニメ映画へと、動員を伸ばし続けています。

そんな『この世界の片隅に』を絶賛している一人が、『機動戦士ガンダム』シリーズで知られる富野由悠季監督。ガジェット通信でもご紹介した、文化放送の新ポータル「AG-ON Premium」にて、富野由悠季監督と『この世界の片隅に』の片渕須直監督との対談・前編が配信中です。

【関連記事】声優ラジオの一部を切り取ってSNS投稿・イラストでコメント “オタ友”とのシェアが捗る新機能満載!「AG-ON Premium」
http://getnews.jp/archives/1636306


この対談は、アニメプロデューサー・和田昌之と若手声優・長久友紀がパーソナリティを務める人気番組『和田昌之と長久友 紀の WADAX Radio』の特別編。

『この世界の片隅に』を観て、片渕監督との対談を切望したという富野監督。 対談前編で映画に対する評価を問われると、「映画館の立ち見で観たんですけど、2時間超えの作品なのに立って観ているという苦痛を感じなかった。悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ(笑)。自分で作りたいと思った」と最大級の賛辞を送ったほか、随所で富野監督ならではの作品論、技術論が展開されているとのこと。

富野監督が立ち見で映画を! というのはアニメファンにとって驚きの出来事ですが、「2時間超えの作品なのに立って観ているという苦痛を感じなかった」というのは、『この世界の片隅に』の魅力を物語っているコメントだと言えるでしょう。

対談の後編では、新刊や話題の本の情報を配信するニュースサイト「ダ・ヴィンチニュース」とコラボ。『この世界の片隅に』における「戦争」の描き方にスポットを当てながら、同作が持つ特徴と魅力が語られていきます。

主人公・すずについて片渕監督自身が、「すずさんは日常生活を営んでいたはずだったのに、何に追い詰められて“戦争をする側”の意識に至ってしまったのか。(中略)戦争は何が罪かというと、昨日まで普通の市民だった人が徴兵されて兵隊になるわけですね。そうやって人が本来犯すべきではない罪を背負わされたり、あるいは罪でもないのに罪悪感を背負わされたりする。そういう末に、すずさんは『私は戦っているのだ』という意識に至ってしまう」と、人物造形についての詳細な解説を語るなど、ファン必聴の内容となっています。

「富野由悠季監督×片渕須直監督対談」前編は現在配信中。後編は2017年3月10日(金)16:00〜「AG-ON Premium」にて配信予定。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。