ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

中村一義、アルバム『ERA』をライブアレンジで披露!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2017年1月22日よりデビュー20周年イヤーに突入した中村一義が自身42歳の誕生日でもある2月18日、地元・江戸川区総合文化センターでの特別ライブ公演『エドガワQ2017~ERA最構築~』を開催した。
2月18日@江戸川区総合文化センター (okmusic UP's)
2015年第1回が行なわれた『エドガワQ』。2016年は、1stアルバム『金字塔』を再現する内容となった特別ライブ公演だが、3回目となる今回は、2000年に発売された3rdアルバム『ERA』再現ではなく、ライブアレンジにて楽曲を再構築した内容に。

2部構成に分かれたライブの第1部は、『ERA』収録曲順に構成され、アルバム通り、「イーラ」のカウントダウンよりスタート。「1,2,3」より一気に熱量が急上昇、「ピーナッツ」「ゲルニカ」などバンド初演奏の曲から「ロックンロール」などのライブ定番曲も披露され、ストイックと大胆さを併せ持つ、まさに今、鳴らされるべき新たなる『ERA』サウンドを会場に響き渡らせた。

第2部は、デビューシングル「犬と猫」よりスタートし、声優ユニット“ONE LITTLE KISS”へ提供した楽曲「ワンリルキス」のセルフカバーもライブ初披露。さらにラストでは、バンド「大海賊」が勢ぞろい。Hermann H.&The Pacemakersのメンバーもステージに登場した。今日一番の大歓声の中「キャノンボール」を演奏し、『エドガワQ2017~ERA最構築~』は幕を閉じた。

尚、この日の会場では、5月24日に100sのメンバーであり、盟友である町田昌弘を共同サウンドプロデューサーに迎え、バンドサウンドで最高に再構築されたデビュー20周年記念中村一義初のセルフカバーベスト、さらにこの日の『エドガワQ2017~ERA最構築~』を収録したLIVE DVDも同時に発売することも発表された。20周年を迎え、中村一義の今後の活動から目が離せない!

Photo by Shinichi Kawashima, Yusuke Takamura

【セットリスト】

■第一部

01.イーラ

02.1,2,3

03.ロザリオ

04.メロウ

05.スヌーズ・ラグ

06.ピーナッツ

07.ショートホープ

08.威風堂々(Part1)

09.威風堂々(Part2)

10.虹の戦士

11.ジュビリー・ジャム

12.ジュビリー

13.ゲルニカ

14.グレゴリオ

15.君ノ声

16.ハレルヤ

17.バイ・CDJ

18.ロックンロール

19.21秒間の沈黙

20.素晴らしき世界

■第2部

21.犬と猫

22.ワンリルキス

23.スカイライン

24.永遠なるもの

25.キャノンボール

【リリース情報】
セルフカバーベスト『最高築』

2017年5月24日発売

【初回限定盤】(CD+BOOK+α)

VIZL-1163/¥5,500+税

【通常盤】(CD)

VICL-64788/¥3,000+税

LIVE DVD『タイトル未定』

2017年5月24日発売

VIBL-852/¥5,500+税

2月24日(金)~3月15日までの期間中に、「TOWER RECORED ON LINE」または、「Amazon.co.jp」にて「セルフカバーベストアルバム初回限定盤」と「LIVE DVD」を一括予約すると、商品と同時に予約特典中村一義オリジナルグッズがもらえるキャンペーンもスタート。

※オリジナルグッズの詳細は、2月24日以降下記の各サイトをご参照ください。

2月18日@江戸川区総合文化センター (okmusic UP's)
 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。