ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

牡蠣のオイル漬け 、酒飲みにとって常備ツマミは家の宝

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:uralatokyo:20170111021727j:plain

冬は美味しいものが多い季節ですが、なかでも必ず食べたいもののひとつが牡蠣

キュっとレモンを絞った生牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣鍋……どれも美味しいけれど、ゆきちゃめゴンが冬になると必ず作りたいのが牡蠣のオイル漬けです。

酒のツマミにはもちろんのこと、ご飯にも合うので冷蔵庫にあるとうれしい常備菜なんです。

牡蠣は多いかな? というぐらいでちょうどいい

[材料] 生牡蠣 300gぐらい オイスターソース 大さじ2 ニンニク ひとかけ オイル 70ccぐらい

[お好みで入れるとよいもの] ローリエ 1、2枚 鷹の爪 1、2本

f:id:uralatokyo:20170111022919j:plain

今回牡蠣を3パック、300gほど用意しました。ちなみに個数は数えてみたら33個でした。牡蠣は加熱用と生食用が売られていますが、どちらでも大丈夫です。

牡蠣3パックってずいぶん多いのでは? と思うかもしれませんが、火を通すと身が縮んで小さくなりますので多めでOKです。

牡蠣を洗い、加熱します

f:id:uralatokyo:20170111023225j:plain

まず、牡蠣は薄めの塩水の中で揺するようにして洗います。

ヒダヒダの中にけっこう汚れがあるので、ちょっと面倒ですがひとつひとつ丁寧に洗っていきます。

f:id:uralatokyo:20170111023316j:plain

洗い終わったら、キッチンペーパーの上において水気を切ります。

f:id:uralatokyo:20170111023430j:plain

フライパンに牡蠣が重ならないように並べて、まず強火で加熱。テフロン加工だったら油はひかなくても大丈夫です。

f:id:uralatokyo:20170111023716j:plain

2〜3分すると、こんなふうに牡蠣から水分が出てきました。この状態までは触らないのがポイントです。

f:id:uralatokyo:20170111024029j:plain

オイスターソースを入れて煮詰めていきます。汁気がなくなってきたら弱火にしてさらに煮詰め、こんな状態になったらOK!

煮詰めたらだいぶかさが減ってしまうのですが、すでに美味しそうないい香り。でも、これからさらに美味しくなるので、ここで味見と称して食べてしまわないように!

あとはオイル漬けにして保存するのみ

牡蠣の粗熱が取れたら保存容器に入れ、刻んだニンニク、オイルを入れて冷蔵庫で保存します。お好みで鷹の爪やローリエを入れてもさらに美味しくなりますよ。

f:id:uralatokyo:20170111024205j:plain

オイルはオリーブオイルでもサラダ油でもどちらでも大丈夫です。容器も煮沸消毒したガラス瓶がベストですが、タッパーなどプラスチックの容器でもOK!

あとは待つだけです。

数時間後でも食べられますが、オススメは味がなじむ2日目以降。冷蔵庫で保存すれば2〜3週間ぐらいは持ちます。

牡蠣のオイル漬けは酒のツマミだけじゃない

翌日。

f:id:uralatokyo:20170111025248j:plain

いい感じに漬かっています。

f:id:uralatokyo:20170111025308j:plain

まずは、晩酌のツマミとしていただいてみます。

牡蠣にオイスター(牡蠣)ソースで味付けして合わないわけがないのですが、やっぱり最高の相性。ワインはもちろんのこと、ビールや日本酒、焼酎などにも合います!

けっこう味が濃いのでバクバク食べるものではなくて、例えば明太子やイカの塩辛のように一日数個ずつチビチビとツマミとして食べるのだったら、けっこう長く楽しめます。これが冷蔵庫に常備されていると思うと、毎日楽しみだなぁ。

しかし! これだけではありません。

牡蠣のオイル漬けは、もっともっと活躍してくれるのです。

f:id:uralatokyo:20170111025838j:plain

まず、ご飯のおともに

炊きたての白いご飯にこれがまた、合うんです。

f:id:uralatokyo:20170111025948j:plain

あと、ぜいたくに牡蠣のオイル漬けを具に使って、オムレツにしても最高。牡蠣好きにはたまらないオムレツです。

f:id:uralatokyo:20170111030050j:plain

さらに、パンに乗せても。

f:id:uralatokyo:20170111030203j:plain

そして、最後にぜひ試していただきたいのが、牡蠣の味がしみ込んだオイルも使って作る牡蠣パスタ。これでオイルも使い切ったら、余すところなく牡蠣のオイル漬けを堪能できます。

一度作ると時間をかけてゆっくり楽しめる牡蠣のオイル漬け、冬の楽しみのひとつとしてぜひぜひ作ってみてください!

※この記事は2017年1月の情報です。

書いた人:ゆきちゃめゴン

ゆきちゃめゴン

食べることばかり考えています。弱いのにお酒も好きです。ふだんはエディトリアル系を中心にDTPデザイナー。東京の下北沢〜渋谷あたりで生きています。万年ダイエッターでしたが、最近痩せることをあきらめました。 Twitter:@yukichamegon

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

自宅で居酒屋飲み……なにこの幸せ
【スパゲティ】いま中年オヤジに人気再燃中の「リーマンパスタ」をご存知ですか【ナポリタン】
【おつまみ天ぷら】半熟トロットロの「卵の天ぷら」がウマすぎて悶絶【マンガ晩酌天国】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。