ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【アプリから手軽にオーダー】顔の3Dデータがベース、100%カスタムメイドのサングラスは完全フィット!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

SkelmetFalconまだまだ寒いが、3月を控え、次の季節“春”がやって来る。日差しが気になるようになってくると、自分に合ったサングラスが欲しくなるが、「Skelmet Falcon」はまさにパーフェクトにフィットするカスタムメイドの3Dプリント製スポーツサングラスだ。

ランニング中にグラスがずれたり、跳ねたりすることもなく、しかも超軽量仕様で、顔に跡がつかないという。

・世界最軽量レベルの重さはわずか17g

重さは17グラム。世界最軽量レベルの軽さを誇る。これは航空宇宙産業で使われる素材を導入することで実現した。有名なメガネメーカーOakleyの最軽量サングラスは22グラムなので、それと比べても大分軽い。

SkelmetFalcon2空気力学をベースにしたフレームは、UVと汗耐性の仕様になっており、ブリッジ部分には特許取得の換気システムを採用。

最大限の広い視界を確保し、霧の天候下にも強い。テンプル部分で圧力をコントロールするため、各人に合ったフィット感を実現した。

ポリカーボネート製のレンズは衝撃や速度によって生じる圧力にも強く、簡単に取り外して交換ができるようになっている。

・アプリから簡単オーダー、頭の3Dスキャンデータを取得

オーダー方法は以下。

SkelmetFalcon3まず「Skelmet」アプリを使って、自身の頭をSDスキャン。2分とかからず完了するはず。取得データをサイトにアップロードしよう。

すると、3Dフィットアルゴリズムが即座に起動し、顔のマッピングデータのブループリントを作成。これがユーザーごとに違う顔にピッタリフィットするサングラスの原型となる。

次に、ユーザーは好きなサングラスのスタイル、レンズなどのオプションを選択。

・産業用プリンターで成形

そしてデータを元に、航空宇宙産業レベルの産業用3Dプリンターでサングラスを成形し、でき上がった品がユーザーの手元に送付されてくる、という流れとなる。

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中だ。価格は229ドル(約2万6000円)に送料となっている。

Skelmet Falcon

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。