体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

え!? これがキャンピングカー? 見た目は普通で快適に車中泊できちゃう車たち

▲一見すると普通のホンダのブースですが、実はどれも車中泊ができちゃう車なんです

▲一見すると普通のホンダのブースですが、実はどれも車中泊ができちゃう車なんです

キャンピングカーの種類は様々。気軽に所有できる入門編も存在

先日行われたキャンピングカーショーが過去最高の来場者数を記録したように、年々注目を集めているキャンピングカー。とはいっても、「もちろん余裕があったら欲しいけど、そんな簡単に買えるものでもないし……」というのが、多くの方のご意見でしょう。しかし、一口にキャンピングカーといっても、様々なものがあります。

トラックのように、運転席と居住空間が切り離されており、見た目にもザ・キャンピングカーな「キャブコンバージョン」や「フルコンバージョン」。マイクロバスをベースに作られた、大人数で楽しめる「バスコンバージョン」。他にも、軽自動車をベースに作られた「軽キャンパー」など、大きさ、見た目が大きく違うものがいくつかあります。

基本的には、何をベースに作られたかということがポイントになっており、最近では普段よく見かける軽自動車や、ミニバンを改造して作られたキャンピングカーが入門編として注目を集めています。

こちらは、市販車をベースに作られたということもあって、見た目、価格ともに普通の車とほぼ変わりません。そこで今回は、キャンピングカーショー2017で実際に出展していた、「え!? これがキャンピングカー?」と思ってしまうような、見た目は普通で車中泊ができちゃう車を紹介したいと思います。

ダイハツ ハイゼットカーゴ ベース

オプション込み車両本価格:199万円(諸費用・税別)

▲見た目は普通のハイゼットカーゴですが、中身はどうなっているのでしょう? 会場には、最近CMでよく見るWAKEバージョンもありました

▲見た目は普通のハイゼットカーゴですが、中身はどうなっているのでしょう? 会場には、最近CMでよく見るWAKEバージョンもありました

▲食器などを置いてご飯が食べられる机になるだけでなく、身長180㎝の人でも問題なく車の中で寝ることができます。もちろん、使わない普段はシートを上げて5人乗りに変形可能

▲食器などを置いてご飯が食べられる机になるだけでなく、身長180㎝の人でも問題なく車の中で寝ることができます。もちろん、使わない普段はシートを上げて5人乗りに変形可能

ルノー カングー ベース

オプション込み車両本価格:399万円(諸費用・税抜)

▲居住空間を広げられるよう上部が広がる改造をしたモデルですが、普段は閉じており、そのときは見た目にも普通の車とほぼ変わりません

▲居住空間を広げられるよう上部が広がる改造をしたモデルですが、普段は閉じており、そのときは見た目にも普通の車とほぼ変わりません

▲洗面台など調理可能な設備があり、ソファと机まで完備。室内で食事をすませることができます!

▲洗面台など調理可能な設備があり、ソファと机まで完備。室内で食事をすませることができます!

三菱 デリカD:3 ベース

オプション込み車両本価格:353万円(諸費用・税別)

▲ミニバンでありながら、悪路走破性も高いデリカ。もともとキャンプにはもってこいの車をさらに強力に仕上げてあります
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。