体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2年無料! 家も雑貨もぜんぶ無印良品で暮らしてみた。 その住み心地は?

2年無料! 家も雑貨もぜんぶ無印良品で暮らしてみた。 その住み心地は?

さまざまな生活様式、デザインになじむ雑貨・家具・インテリアを販売する「無印良品」。暮らし全般のアイテムに加え、2004年からは「家」まで売り始めている。そんな「無印良品の家」では、2012年思い切ったキャンペーンをスタート。なんと、「実際に無印良品の家に住んでくれるモニター」を一般募集。当選した1組の夫婦に、2年間無償で一戸建てを提供しているのである。幸運を手にした当選者に、その住み心地などを聞いてみた。

2年の「試し住み」で分かった、「無印良品の家」の魅力とは?

やってきたのは東京・三鷹にある「無印良品の家」。『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』の著者でもある藤田あみいさんは、2013年よりここで夫と生活している。その1年後には長女も生まれ、3人家族となった。

まずは「無印良品の家」に住むことになった、ややユニークな経緯から聞いてみよう。

「4年前、無印良品が『この家に住んでみたい人』を一般募集していたんです。ブログで住み心地をレポートすることで、2年間無料で住めるという夢のような話でした。当時、三鷹近辺でマイホーム探しをしていたものの、なかなか理想の家に巡り合えず疲れ果ててしまった私たちはダメもとで応募してみることに。……まさか、選ばれるとは思っていませんでした」

5万件を超える応募のなかから選ばれた藤田さん。しかし当初は、熱狂的に無印良品を愛する、いわゆる「ムジラー」でもなく、「無印良品の家」の存在自体も知らなかったという。

「SNSのタイムラインにモニター募集の投稿が流れてきたのを、たまたま目にしただけなんですよね。正直、当時は無印良品の家のことはよく分からなかったです。熱烈に住みたいというよりは、場所も希望の三鷹だし、ウェブサイトの情報を見る限りは何だか良さ気だし、タダだし……、というくらいの感覚。本当に良さが分かったのは住み始めてからです」【画像1】仲睦まじい藤田さん夫妻。陽光そそぐウッドデッキにて(写真撮影/榎並紀行)

【画像1】仲むつまじい藤田さん夫妻。陽光そそぐウッドデッキにて(写真撮影/榎並紀行)

では、具体的に「無印良品の家」の何がそんなによかったのだろうか?

藤田さんの激賞ポイントは主に4つある。

●狭くても開放的で、空間の自由度が高い

「初めて見学したときは基礎や骨組みだけの状態でしたが、『ぜいたくな造り』だと思いました。決して広くない家ですが、空間に区切りをつくらず開放感を出すことで“小さく暮らす”ことの快適性を追求しているように思えます。

1階と2階も吹抜けだし、全部の空間がつながっているので、空間の自由度も高いですね。どこをどう使ってもOKというか。例えば、夫婦2人のときは2階に寝室があったけど、妊娠して階段がきつくなったのでベッドを1階に下ろしました。私も夫も自宅で仕事をすることが多いので、気分に合わせてワークスペースを変えられるのもいいですし、これから娘が成長していったときに、彼女の世界をこのスペースの中でどうつくってあげようかなと想像する楽しみもあります」写真提供/藤田あみい
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会