体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【au発表会】今回はこちらが主役? スマートフォンを皮切りにテレビやタブレットへも展開狙う新サービス『スマートパスポート』を発表

【au発表会】今回はこちらが主役? スマートフォンを皮切りにテレビやタブレットへも展開狙う新サービス『スマートパスポート』を発表

KDDIは1月16日、2012年モデルのau向けサービスとスマートフォンの発表会を開催しました。スマートフォン新製品5機種が発表されたのは既にガジェット通信でお伝えしたとおり。今回の発表は同社が2012年に推進する『スマートパスポート』の事業構想と、それを構成するサービスの紹介に比重を置いていたのが特徴です。ここでは『スマートパスポート』を中心としたサービスの発表内容を紹介していきます。

参考記事:
【au発表会】スマートフォン2012年モデルはテンキー搭載の『INFOBAR』や『GALAXY S II WiMAX』『Xperia acro HD』など全5機種
http://getnews.jp/archives/162608

『スマートパスポート』構想とは

3M戦略のイメージ

KDDI代表取締役社長の田中孝司氏は発表会の冒頭で、同社の事業ビジョンとして「Multi-Device」「Multi-Network」「Multi-Use」の「3M」戦略に触れ、この戦略の第1弾として『スマートパスポート』の構想を発表しました。

『スマートパスポート』のコンセプト

『スマートパスポート』のコンセプトは、「オープンインターネットの世界を様々なスマートデバイスからシンプル・シームレスに、安心して、お使いいただけるようにするサービス・イノベーション」というもの。ユーザーが複数の端末やネットワークから自由にネット上のアプリ、写真、映像、音楽などのコンテンツを利用できるという環境の実現を目指します。

『スマートパスポート』を構成するサービス

この『スマートパスポート』を構成するサービスとして、スマートフォンユーザー向け月額サービス『auスマートパス』、スマートフォン利用料の割り引きサービス『auスマートバリュー』、『au one ID』に替わってユーザーを管理する『au ID』を発表。それぞれ具体的なサービス内容を明らかにします。

月額390円で4種類のサービスを提供する『auスマートパス』

『auスマートパス』を発表

『auスマートパス』は、Androidスマートフォンユーザー向けに提供する月額サービス。月額390円で「アプリ取り放題」「ストレージ」「クーポン&ポイント」「より安心・安全に」の4項目にわたってサービスを提供します。Android 2.2以上のスマートフォンを対象に、3月1日から提供の開始を予定。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。