ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

水木しげるを振り返る「ゲゲゲの人生展」 妖怪や精霊像コレクションも

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

水木しげるを振り返る「ゲゲゲの人生展」 妖怪や精霊像コレクションも
「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」/画像は公式Webサイトのスクリーンショット
2015年11月30日に93歳で逝去した漫画家・水木しげるさんの回顧展「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」が、3月8日(水)から20日(月・祝)まで、東京・松屋銀座8階イベントスクエアにて行われる。

本展では、水木プロダクション全面協力のもと、少年期の習作、戦地で描いたスケッチ、貸本時代の貴重な漫画や妖怪画の原稿など、130点以上を展示し、水木さんが遺したものを徹底的に振り返る。

『ゲゲゲの鬼太郎』など妖怪漫画で愛された水木しげる

水木しげるさんは漫画家として『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『のんのんばあとオレ』などのヒット作を生み出し、作品を通じて「妖怪文化」を広めた妖怪研究家としても高い評価を受けている。

また徴兵で戦争に出向いた際、爆撃のために片腕を失い、貧困に苦しむなど波乱の人生を過ごすも、手がけた作品や言葉、キャラクターは独特のユーモアに富み、今なお多くの人々から愛され続けている。

水木しげるの人生、人間像に迫る「ゲゲゲの人生展」

今回開催される「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」では、水木しげるさんの人生を振り返り、その卓越した画力とメッセージ性のある作品を展示する。

また、ご本人の「名言」紹介、作品が生み出され続けた書斎の再現、愛用していた私物や世界中で収集した妖怪・精霊像コレクションもラインナップ。

さらには、2010年にNHK連続テレビ小説でドラマ化されたことも記憶に新しい、水木しげるさんとの夫婦の歩みを描いた自伝『ゲゲゲの女房』の著者である妻・武良布枝さんへのインタビュー映像や家族との写真なども網羅。そのすべてを通じて水木さんの人間像に迫る。

前売チケットは3月7日(火)まで、セブンイレブン、ローソン、チケットぴあ、ヤフーパスマーケットにて販売される。

【ゲゲゲの人生展 巡回情報】松屋銀座での開催後、2017年は次のように巡回します!
4/5~4/19大丸ミュージアム(大阪)
4/26~5/8大丸ミュージアム
7/26~8/14大丸ミュージアム
10/27~12/10福岡県立美術館— 追悼水木しげる ゲゲゲの人生展 (@mizuki_ten) 2016年12月16日

同展は4月以降、大阪、京都、神戸、福岡に巡回予定。

ゲゲゲの人生展見どころ9 展覧会場でしか買えないオリジナルグッズ多数。着々と開発中です。まだ公式サイトなどには載せていませんが、ツイッターをご覧のみなさまに、そのうちごく一部を写真でお見せします。本当にたくさんあるので、お楽しみに・・・! pic.twitter.com/f9PfAIqPNz— 追悼水木しげる ゲゲゲの人生展 (@mizuki_ten) 2017年2月8日

公式WebサイトやTwitterでは、さらなる見どころも紹介されているので、訪れる前にチェックしておきたい。

(C)水木プロダクション

引用元

水木しげるを振り返る「ゲゲゲの人生展」 妖怪や精霊像コレクションも

関連記事

まるでピクサー映画! 自主制作CGアニメ「東京コスモ」がクオリティ高すぎ
【ラブライブ!座談会】μ’sと駆け抜けた7年、『サンシャイン!!』に望むもの
【C91】初日美女コスプレイヤー写真まとめ! 彼女の笑顔はまるでカイロのよう

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。