体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インテリアスタイリストのお部屋公開!“DIY×職人”リノベのすすめ

人気スタイリスト石井佳苗さんが語る! DIY×職人のマンションリノベ

住人が自らの手で部屋をカスタマイズするセルフリノベーション。コストをあまりかけず、自由に住まい空間をつくる楽しさから注目を集めています。しかし、DIYビギナーにとってはまだまだハードルが高く、クオリティが今一つになってしまうことも。そこでオススメなのが、プロの大工さんの手を少しだけ借りる“半”セルフリノベーションです。今回は、実際に職人さんと協同でマンションリノベを試みた人気インテリアスタイリストの石井佳苗さんに、その魅力を教えてもらいました。

プロと一緒にワンランク上のセルフリノベを目指す

インテリアや暮らしまわりのスタイリストとして活躍、さらにはWEBマガジン『Love customizer』も主宰する石井さん。2013年に出版した著書『簡単! インテリアDIYのアイデア Love customizer』では、女性でもできるおしゃれで可愛いインテリアDIYのコツを紹介し、反響を呼びました。

中古の一戸建てをDIYでリノベした経験ももつ石井さんが今回チャレンジしたのは、逗子にあるヴィンテージマンションのリノベ。大工や家具職人といったプロたちと一緒に、3カ月にわたるセルフリノベーションにトライし、リビングからキッチン、寝室、水まわりまでフルで完成させました。その様子が詳しくつづられた書籍『Love Customizer2 DIY×セルフリノベーションでつくる家』も、昨年12月6日に発売され、DIY愛好家からも注目されています。

「56m2の一戸建てが手狭になり、新居を探していたときにたまたま出合ったのがこの物件でした。私はライフスタイルのひとつとしてDIYを本やWEBマガジンを中心に紹介してきましたが、プロではありません。そこで今回はプロの技を学びたいという思いもあって、セルフリノベーションの要素も残しつつプロに頼ってみることにしました。

かかわってくださった業者さんは、大工さんを筆頭に左官、水道、設備、電気、防水関係の方々。大工さんが工務店も兼ねているので、全て紹介していただくことができました。私の担当は、いわゆるプロデューサー的な立ち位置と、施行の手伝い。なるべく仕事をセーブしてこちらに集中しようと思って、工事期間の半分くらいの日数は現場にいましたね。今回職人さんたちにその場で要望を伝えながら、“感覚”でつくってもらったので図面はつくりませんでした。図面がなくてもリノベーションはできるんですよね」(石井さん、以下同)【画像1】リビングの壁に取り付けられた食器棚の背板は古い雨戸を利用。シンプルなつくりながらも風合いがすてき。美しい食器や手道具を並べればちょっとしたアート展示のよう(写真撮影/片山貴博) 【画像1】リビングの壁に取り付けられた食器棚の背板は古い雨戸を利用。シンプルなつくりながらも風合いがすてき。美しい食器や手道具を並べればちょっとしたアート展示のよう(写真撮影/片山貴博)【画像2】キッチンは近代建築に大きな影響を与えたル・コルビュジエのサヴォア邸にインスピレーションを受けてデザイン。キッチンカウンターはDIYの溶接をサポートする「フェニーズ」と、木工を教えてくれる「相談家具屋」との協同で仕上げたオリジナル(写真撮影/片山貴博) 【画像2】キッチンは近代建築に大きな影響を与えたル・コルビジェのサヴォア邸にインスピレーションを受けてデザイン。キッチンカウンターはDIYの溶接をサポートする「フェニーズ」と、木工を教えてくれる「相談家具屋」との協同で仕上げたオリジナル(写真撮影/片山貴博)【画像3】台湾旅行で目にした折れ戸が気になり、「相談家具屋」に協力を要請。もともと障子で仕切られていた和室には、光を採り入れられるように壁とガラス戸をつけた。「相談家具屋」のサポートがあったからこそ、このDIYを実現することができたと石井さん(写真撮影/片山貴博)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。