体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Lapsley 『Long Way Home』Interview

Låpsley_0075

昨年、アルバム『Long Way Home』でデビューを果たしたイギリスのシンガーソングライター、ラプスリーことホリー・ラプスリー・フレッチャー。ジェイムス・ブレイクやアデルが引き合いに出される彼女の音楽世界は、その後、DJコッツェが手掛けた「Operator」のディスコ・リミックスやカン国際映画祭で審査員賞を受賞した映画『アメリカン・ハニー』のサウンドトラックに提供した「8896」を通じて、静かな、そして確かな広がりを見せている。そんな前途ある20歳のシンガーソングライターは何を語ってくれたのか?

――ホリーは、スポーツとして、ヨットに乗っていたり、勉強も優秀で、活動的な学校生活を送っていたそうですね。

ラプスリー「そうです。だから、作る音楽と私のバックグラウンドがリンクしないとか、私の性格から作る音楽が想像出来ないとも言われるんです(笑)。まぁ、でも、どう言われようとも、私は気にせず、自分の内面から出てくるものをそのまま曲にするだけなんですけどね」

――いつから自分で曲を作るようになったんですか?

ラプスリー「楽器は5歳から習うようになって、曲作りをするようになったのは13、14歳から。そして、4年前からレコーディングをするようになったんですけど、その時に(音楽制作ソフト)GARAGE BANDを使うようになったことで、自然とエレクトロニック・ミュージックの要素が曲に加わるようになって。ただし、エレクトロニック・ミュージックそのものを作ろうと思っているわけではなく、もともとのベースであるクラシックミュージックから私が好むヘヴィーな音楽まで、試行錯誤しながら、その中間の音楽を作ろうとしていていますね」

Låpsley_0071 Låpsley_0070

――ホリーは、シンガーであり、ソングライター、トラックメイカーでもありますが、ご自身ではどのパートに比重が置かれていると思いますか。

ラプスリー「ソングライティングですね。ピアノを弾きながら歌うことから始めて、そこからどんどん曲を構築していくのが私の曲作りのスタイルなんですけど、構築していくとはいっても、私の曲には入っているのは必要最小限の音だけ。だから、その一つ一つの音を吟味して、さらにその音が一つ一つ際立つような曲作りを意識していますね」

――無駄なものが削ぎ落とされた楽曲から音楽に対するホリーなストリックな姿勢がうかがえるように思います。

ラプスリー「ストイックというより、私は曲に音を詰め込むことで空間を息苦しいものにしたくないんです。曲が深く呼吸出来るような、そんな空間をイメージしていますね」

――エレクトロニックミュージックの要素を交えたミニマルな楽曲に対して、リリックでは痛みのある世界を描いていますよね。

ラプスリー「今回はたまたま自分が経験したネガティヴな恋愛経験がベースになって、痛みや悲しみが表現されているんですけど、私は自分が置かれた状況やその時の感情を正直にそのまま歌いたいんです。だから、その状況の変化に応じて、恋愛のポジティヴな面を描くかもしれないし、はたまた、政治や女性の権利について歌うかもしれない。それを変化と取るか、それとも普遍的な表現と解釈するかは聴く人それぞれだとは思いますが、私が私であることには変わらないと思いますね」

Låpsley_0073
1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。