ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

出演順からアデルVSビヨンセの行方まで、匿名協会員が【第59回グラミー賞】を大予想

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
出演順からアデルVSビヨンセの行方まで、匿名協会員が【第59回グラミー賞】を大予想

 現地時間2017年2月12日に【第59回グラミー賞】授賞式が開催される。同賞を主催する協会、ナショナル・ アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス(NARAS)の長年の会員で、ノミネート作品と受賞作を決定する投票権を持つ第一線のソングライターが、匿名で2017年の【グラミー賞】の行方を予想した。

<アーティストの出演順>
 ニール・ポートノウ(NARASの代表)とケン・アーレック(Ken Ehrlich、製作会社AEG Ehrlich Venturesエグゼクティブ・プロデューサー)の立場だったらビヨンセにオープニング・パフォーマンスを任せるだろうな。彼女に授賞式の開幕を任せて、パフォーマンスの途中でチャンス・ザ・ラッパーを登場させるんだ。そうすることで、トランプ大統領に対する“F— you”という明確なメッセージになるじゃないか。当日のスピーチはそういう内容が満載になるだろうし。そして翌日に彼(トランプ大統領)が全員のことを“過大評価されている”(【ゴールデン・グローブ賞】でのメリル・ストリープのスピーチへのトランプ大統領の反論)とツイートするんだろうね。

<年間最優秀アルバム>
 この(米音楽業界)ビジネスが発展したり崩壊したりする中、【グラミー賞】のトップがいまだにすごく企業的なのはおかしいよね。今年の<年間最優秀アルバム>ノミネート作品の内の4つは確かに候補に値するとは思うけれど、全部業界主導な印象がある。そして5番目の“prestige” (世間的に評価が高い)ノミネート作品のスタージル・シンプソン(Sturgill Simpson)に至ってはレコード会社による大プッシュの恩恵を受けたとしか思えない。

 自分はドレイクに票を投じたけど、『レモネード』が受賞するだろうね。今の米音楽業界で一番影響力のあるアーティストはドレイクだ。(票を投じたのは)彼が記録した10億回だかなんだかのストリーミング再生回数に報いたかったからだ。でも『レモネード』は、今の時代に危険なほど適している政治的な作品だ。ビヨンセのライバルはアデルだな。ただ、アデルの作品は美しく構成されていてボーカルも非の打ち所がないけれど、当たり障りがないんだよね。そして誰もが『25』が『21』ほど印象的でないことが分かっている。

<年間最優秀楽曲>
 ビヨンセの「フォーメーション」のあの落ち着きのない感じがすごく好きで、最初の45秒間が特に素晴らしいと思うんだ。歌詞も素晴らしい。とはいえ、<年間最優秀楽曲>を受賞するほどメロディーが印象的な曲じゃないと思う。ビヨンセはすごいアーティストだけれど、彼女の楽曲は少し過大評価されていると思う。彼女の存在があまりにも偉大になりすぎて、もはや楽曲の質は関係なくなっている。個人的にはビヨンセよりリアーナのシングルの方が優れていると思う。

<最優秀新人賞>
 チャンス・ザ・ラッパーだろうね。個人的にはアンダーソン・パークが好きで票も入れたけれど、勝ち目はないと思ってる。チャンス・ザ・ラッパーは完全にムーブメントだったからね。しかもあれがインディーズだったなんて本当にクレイジーだよ。

関連記事リンク(外部サイト)

双子を妊娠中のビヨンセ、【グラミー賞】でパフォーマンス披露か?
【第59回グラミー賞】出演者にチャンス・ザ・ラッパー、スタージル・シンプソン、ウィリアム・ベルら5組追加
ドレイク、ロンドン公演で約2万人分のチケットを返金?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。