体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sampha『Process』Interview

sampha2

昨年末に来日公演を行い、The xxのステージでもオープニング・アクトを務めた南ロンドンのシンガー/プロデューサー、サンファ。デビュー前からフランク・オーシャンやドレイクなど錚々たるアーティストの作品にゲスト・ヴォーカルとして参加し注目を集めてきたかれが、このたび待望のデビュー・アルバム『プロセス』をリリースする。The xxやアデルを手がけたロディ・マクドナルドを共同プロデューサーに迎え、同時代のR&Bやヒップホップ・アーティストと共有する洗練された仕上がりを見せるビートやプロダクション。加えて、「ネクスト・サム・スミス」とも評されるかれのシルキーでソウルフルな歌声によりフォーカスされた作品となっている。早くからその才能を嘱望されてきたサンファの名前は、今作によって世界中のミュージック・ラヴァーの間で広く知れ渡ることになるにちがいない。

―今回の公演はピアノの弾き語りがメインでしたが、サンファの音楽のコアな部分がダイレクトに伝わってくる素晴らしいセットでした。

サンファ「よかったよ。最初は少し緊張してたんだけどね。ピアノと歌が中心だし、自分1人だったんで、それでちゃんとお客さんが来るのか心配してたけど、実際すごくいいライヴだったよ。すごくミニマルな構成だったんで、自分が丸裸にされてるような感覚もあり……ただ、お客さんも曲に聴き入ってくれているようで、ちゃんと聴いてくれてるっていうのが伝わってきたし、すごく特別なショウになった」

―照明の色も楽曲ごとに指定があったそうですね。

サンファ「単純に日頃から曲を作るときに色をイメージしながら書いてることが多いんだ。実際、歌詞でも色について触れてることが多いし、そうなるとこの曲は当然この色っていうのが決まってくるわけで。僕はまさにヴィジュアル先行型というか、ヴィジュアルでイメージを捉えるタイプなんだ」

―音楽を始めるとき、一番最初に手に取った楽器がピアノだったんですか。

サンファ「そう。3歳くらいのとき、近所の人が引っ越したんだ。その人から父親がピアノを買いとって、それからというもの周囲に騒音をまき散らしていた(笑)。朝早くからピアノを弾いたりして、一緒に住んでた家族は大変だったと思うよ(笑)」

―曲を書き始めたと同時に歌い始めたんですか?

サンファ「それが覚えてないんだ。物心ついたときにはもう歌ってたし、小学校の頃は聖歌隊にも参加していたしね。十代になってからプロダクションに興味を持つようになって、その頃は正体不明の謎のプロデューサーみたいな存在に憧れていたし、まさか自分が歌手として表舞台に立つことになるとは思ってもみなかった。それが宇宙の法則によって、どうもこっちの道に引きずり込まれてしまったようなんだ(笑)」

―聖歌隊に入っていたくらいだから、歌うことは昔から好きだったんですね。

サンファ「まあ、そうだね。自分にとって歌うことはカタルシスというか、自分を解放させてくれるスピリチュアルな経験でもあるから」

―デビューした頃の音源は、どちらかというとプロダクション寄りの作りだった感じがするんですね。それが自分の歌をミックスさせる方向に変化していったのは、どういうきっかけからだったんですか。

サンファ「たぶん、色んな人とコラボレーションするようになってからだと思う。2009年か2010年にSBTRKTと活動を始めて、他人とコラボレーションしていく流れで自分でもヴォーカルをとるようになった。その中で、自分にとってのヴォーカリスト像みたいなものが具体的になってきたという感じかな。同時に自分でもヴォーカルを意識的に曲に取り入れるようになった。ただ、それまで自分からあえて歌おうとは思わなかったんだよ。もちろん歌うことは好きだったけど、特別上手いとは思ってなかったから、自分の声に馴れるまでに時間がかかった。今回のデビュー・アルバムでは、ヴォーカルを前面に出してるし、前みたいにエフェクトをかけていじることもあまりせず、わりと生身の声をいかしているんだけど、そこに至るまでには、歌うことや自分の声を素材として扱うことに馴れるためのプロセスを徐々にプロセスを踏んでいったんだよ」

sampha1

―最初の頃は自分の声に違和感があった?

サンファ「というよりも……自分の声だから、どうしてもダメなとこばかりが気になっちゃって。以前は自分のヴォーカルが不完全であることを認めたくなくて、ヴォーカルに関してあえて特別なことはしないというスタンスを取っていた時期もあったんだ。だけど、今は不完全さも含めて自分の声を受け入れられるようになった。もっと上手く歌えるはずだってことで、ヴォーカルに関しても色々意識するようになったよ。あまりにも気にしすぎて、逆に見ないようにしてしまうことがあるよね。“人生を生きるためには死を恐れてはいけない”って言うけど、それと同じで、自分の中の恐怖だとかダメな部分を受け入れられるようになったことで、初めて自分の声と向き合えるようになったんだ」

―3年前にリリースされた2枚目のEPの『Dual』は、まさにそうしたヴォーカルに対するアプローチの変化が感じられる作品ですよね。

サンファ「当時の自分や、当時の時間や空気が詰め込んであるドキュメントって意味では面白いと思うよ。作品として今聴いてもやっぱりいいなあと思うしね。あるいは、今の自分と比較して、当時の精神状態やプロダクションなどを含めて、あの頃の自分はこうだったなあって振り返るにはいい。ただ、当時はそれでうまくいったからって、あれをもう一度再現しようというのは得策ではないというか、前に進んで行く姿勢でないね」

―今回のデビュー・アルバム『プロセス』は、自身のどのような状態や過ごした時間が詰め込まれたドキュメントになったと思いますか。

サンファ「新しい作品を作るごとに、毎回、新境地に立つような気持ちではある。ただまあ、今回のアルバムに関して言えば……大人になることに伴う痛みというか、ただ何も考えずにお気楽に生きていられる時期が過ぎたということかな。初めて死というものを身近で意識するようになったり、自分自身や他人に対する責任であったり、思いやりを持つことであったり、介護のことであったりを考えた。人生で自分が今までに経験したことのない局面に差し掛かってきたんだ。母親がずっと体調を崩してたんだけど、実は癌で、しかも末期だったんだ……まあ、自分もそれなりに大人になって、それを理解して受け止められるだけの年齢にはなってたし……だから、まさにさっき言ったように、作っていた当時の心境がそのままドキュメントとして今回の作品に反映されているわけで。それは歌詞だけじゃなく、楽器の使い方1つからハーモニーやプロダクションに至るまで、アルバム全体を覆うムードとしてある」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。