体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高度計・気圧計・歩数計・速度や天気予測まで! アウトドアに必要な“すべて”がある腕時計『SENSOR MASTER III』

DSC_0182_f_2

ふだん身に着けている腕時計。時刻を計るだけなら、スマートフォンでもスマートウォッチでも大丈夫。けれども、過酷な環境では補いきれない機能ももちろんあります。今日紹介するのは、アウトドアに必要な機能がぎゅっと詰まった高機能腕時計『LAD WEATHER SENSOR MASTER III』です。

IMG_9294_f IMG_9298_f

搭載されたスイス製センサーが実現するのはこちらの機能。

・距離、速度、歩数、運動時間、消費カロリーの計測/管理
・高度計、高度アラーム
・気圧計
・デジタルコンパス
・気温表示
・天気予測、ストーム(嵐)アラーム

もちろん、通常の時刻表示やワールドタイム、アラームや時報、カウントダウンタイマーも備え、耐水性は100m防水とかなりの安心感。今回のレビューでは、一部、“アウトドアの過酷な状況”での使用も想定して撮影してみました。では、機能を順に追っていきましょう。

外観をチェック

IMG_9313_f

重さは65gと程よい重量感。『SENSOR MASTER III』は電池交換型。『LAD WEATHER』の刻印がされた裏蓋はネジ止め式です。ベルトはポリウレタン製。曲線を主体としたデザインで手首にしっかりとフィットします。ベゼル部分はアルミニウム製、風防はミネラルガラスです。

IMG_9375_f IMG_9300_f IMG_9371_f

『センサーボタン』で各種機能に切り替え

盤面左上の『センサーボタン』を押すごとに「現在時刻」→「トリップモード」→「気圧計モード」→「コンパスモード」に切り替わります。

また、盤面左下『モードボタン』では、「現在時刻」から「アラーム」、「タイマー」、「ワールドタイム」への切り替えができます。

IMG_9315_f
1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。