体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファンタジー世界地図を簡単に作れる「Inkarnate Worlds」をゲーム制作に活用しよう

現在ではゲーム制作ツールの発展もあり、フリーゲーム・インディーゲームなど多くの個人製作の作品が生まれている。そんな中、制作したゲームの演出に使うために「自分の思い描いたファンタジー世界の地図」を作りたいと思った人はいるのではないだろうか。

今回は、そんな自分だけの世界地図を簡単に作れる理想のオンラインサービス「inkarnate worlds」を紹介しよう。2017年1月29日時点での本ツールの機能や使用感、完成した地図を画像として書き出して使う方法までをまとめたので、参考にしてみてほしい。

現在ベータ版での公開となっているが、今後のアップデートも予定されているようだ。実際に使用したところ、制作した地図をjpg形式でダウンロードしてゲーム制作ツールで使用することも可能となっていたため、使い方によっては幅が広がりうるものとなっている。

「Inkarnate Worlds」の使い方とは

まずはInkarnate Worldsの公式ページへアクセスしよう。「Beta Sign up」でメールアドレスなどの登録を行うことで、すぐに使用することができる。

ログインを行うと、目の前には一面の海。この地図の上にゼロから自分の世界を創り上げるとなると、一見大変そうに思える。しかし描画ツールはシンプルで使いやすく、簡単な地図なら数十分で作ることができる。

イメージ215824
地図を開くと広大な青い海。ここに自分のオリジナル世界を作ろう

最初に、地図の基礎となる陸地を作ろう。ツール画面左側のアイコン群のうち、最上部にあるシャベルのアイコン「Sculupt Tool」をクリック。画面上部の「Mode」でaddを選択し、地図上をクリックすることで陸地を描くことができる。陸を海に戻したいときは「subtract」を選択して同じくクリックしてみよう。

イメージ215825
ほんの数分で大地が出来上がってしまった。ちなみに「創世記」によると、神様は海と大地を作るまでに3日もかかったという

次に、大地に建物などを加えてみよう。アイコン群の上から3つ目にある「Object」をクリック。ツール画面上側に現れるオブジェクトアイコンをクリックすることで、街や村、橋、遺跡、ドラゴンやタコの怪物などを配置することができる。

イメージ215827
好きな建物などを選択可能だ

イメージ215837
雰囲気あるオブジェクトの数々を簡単に配置することができる

現状選択できるオブジェクトは30種類以上、また、自分の作った画像データを地図に配置するために、追加で画像をインポートすることも可能となっている。配置時に「Scale」の値を調節することで、大きさも変更可能だ。オブジェクトを誤って配置してしまった場合は、ツール上側でモードを「Place」から「Select」に変更してからオブジェクトをクリック。出現したアイコンから「Delete」を選択しよう。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。