体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【体験記】パリに住んでいるのにファッションに全く詳しくないのでパリコレを見学してきた

paris42

突然ですが、皆さんは“パリコレ”を見に行ったことがありますか?!

ファッションに全く詳しくない筆者ですが、“パリコレ”を見学するのが「とても難しい」ということはなんとなく知っていました。日本では奇抜な服を身にまとい、どこぞの怪獣のような出で立ちのモデルがネットで話題になったりしていますが、パリコレって実際どんな感じなのよ? という疑問を感じる日々をここパリで送っております。

そこでなんと今回!

運良くとあるブランドの“2017年秋冬メンズコレクション”に潜入することになりました! そもそもパリに住んでいるのに全くファッションに興味がないのもヤバい…と内心焦りを感じていたこともあり、その知られざるパリコレの実際をレポートする次第になったのです!

th_0291

筆者に届いた“パリコレ”の招待状! “パリコレ”は基本的に招待状がなければ入場できない、かなり参加条件の厳しいショーなのです。もちろん招待状の宛名も手書き。

そもそも“パリコレ”とは

paris2

毎年2回、パリでそれぞれ別の期間で開催されている“オートクチュール”“プレタポルテ”“メンズ”の各ファッションショーが“ファッション・ウィーク”、日本で「パリコレ」と呼称されている一連のイベントです。今回筆者が参加するのは、“メンズ”のコレクションで、2017年秋冬の服のショーとなります。

ちなみにこの“パリコレ”ですが、現地のフランス人には通じないので「ファッション・ウィーク」とここでは呼称されています。

期間中はパリ中のホテルの価格が上昇し、中心部ではショーに前後して交通渋滞が発生するなど社会にも少なからず影響を与えている一大イベントの“ファッション・ウィーク”。

例えば筆者は、間違いなくショーの参加者であろう全身白の美女をなんとか捉えようと、開場前で待ち構えていたその辺の女の子がシャッターを切りまくっている光景を目撃しました。このような光景が期間中、至る所で見ることができます。後で判明したのですが、このショーは日本の名門ブランド『コム・デ・ギャルソン』のショーだったとのこと。どおりで日本語が飛び交っていた訳だ……。

paris3

ファッションショーの参加者は、皆ベンツなどの高級車で乗り付けるのが流儀のよう。会場前の通りが、政治家の会合のように瞬く間に黒塗りの車で埋め尽くされる様は圧巻です。ファッションショー凄え!

paris4

別アングルから同じ通りを眺めていると、一見そこまで奇抜ではない普通のお兄さんが写真撮影を受けていました。一体どうやってショーの参加者を判別しているのかは不明ですが、ファッションの奥深さを見せつけられます。

1 2 3 4次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。