体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『エージェント・オブ・シールド』美女ハッカー“スカイ”を直撃! 「マーベルファンの兄弟に囲まれて育ったの」

145526_0122

マーベル・コミックに登場する架空の組織「S.H.I.E.L.D.」のエージェント達が様々な怪事件に挑んでいく、アベンジャーズスピンオフ作品『エージェント・オブ・シールド』。シーズン3が2月3日よりブルーレイ/DVDリリース&一挙デジタル配信開始となります。

ガジェット通信は、12月初旬、この『エージェント・オブ・シールド』新シリーズが撮影されている、シールドのヘッドクォーター見学や、キャストインタビューなど取材を行ってきました。先日、コールソンのインタビューを掲載しましたが、今回は「スカイ(デイジー)」を演じたクロエ・ベネットにインタビュー。

145526_0146

―クロエさんは元々マーベル作品がお好きでしたか?

クロエ:私には兄弟が6人もいるの。子供の頃、お姫様のお人形とかの中にコミックのヒーローたちも沢山いたわ。6人の兄弟に囲まれて女の子1人だったから他の女の子よりもコミックのヒーローやスポーツに接する時間が多かったと思う。でもこのシリーズがスタートしてからコミックの事に詳しくなった事は確か。マーベル・コミックや他のコミックベースの映画が好きだし、コミック・ブックも読むようになったのよ。

―では6人のお兄さんや弟たちはあなたがこのシリーズに出てる事をすごく誇りに思ってるんじゃないですか?

クロエ:ぜーんぜんそうじゃないの(笑)。彼らは私がこのシリーズに出ている事をバカバカしくて面白いと思ってるけど、誇りになんか思ってないの(笑)。いつもからかわれてるのよ。私のファイトシーンなんか見てられないって思ってるらしいし、私の事を冗談の種にしかしてないわ(笑)。

―今までで一番撮影が大変だったのはどんなシーンですか?

クロエ:シーズン2の終わりの方が凄くチャレンジングだった。私の役デイジーは孤児として育ったんだけど両親が見つかって会うのね。母親は彼女を殺さなければならないし父親も…両親に初めて会うというのに最悪の状況だったの。だからシーズン3の中でもデイジーのチャレンジはまだまだ続くのよ。付き合った過去があるウォードとの関わりも出てくるし、とにかく何事もスムーズに進まないの。他にもチャレンジングなシーンは結構あるわ。特殊効果を使う時は撮影してる間、実は相手が居ないのね。何もないグリーン・スクリーンの前で1人なのに相手が居るような感じを出して演技する訳だから。

―デイジーは初め、すごく孤独であんまり人付き合いが良い方じゃなかったですが、段々友達もできて、人との接触がうまくなっていきます。

クロエ:デイジーの変化は目まぐるしい感じでしょう。シーズン1で彼女が現れた時デイジーは結構行動派だったわ。でも実際は一匹狼でトレーラーに1人で住んでいたし、ハッカーの典型みたいな孤独な生活をしていたわ。シーズンを通して彼女はどんどんダークな方向に進んでいったと思うの。彼女がやりたいことが思ったほど簡単ではない事を自覚したし、いろいろな困難を体験して少しずつ人生というものを分かり始めたのね。多分デイジーの年頃ではこの変化は普通の事じゃないかしら。色々体験して大人になっていくっていう事。

―あなた自身もまだお若いですが、デイジーという役をこなしながらあなたも一緒に成長していく感じがはありますか?

クロエ:共に成長している事は確かよ。彼女を通して私も人生を体験してるって感じがするわ。面白いなって思うのは私が演じてるキャラクター(デイジー)の成長と私自身の成長が平行して進んでいるのを感じること。一年に22ものエピソードを作ってるから、デイジーと共同生活してるって感じがするの。このシリーズから生まれるプレッシャーとか、実生活とのバランスをどうやって取るのか?っていう部分も含めて、キャラクターと共に大人になってるって感じが強いわね。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。