体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボードゲーム合宿ができる温泉「湯河原温泉 おんやど惠」に泊まってきました

DSC_0755

友達と心ゆくまでボードゲームを楽しみたい、ということで週末とか友人宅に集まってる人たちも多いだろう。

それをさらにグレードアップしたのが「ボドゲ合宿」こと「ボードゲーム合宿」だ。

温泉旅館などに集まり、広い部屋を借りて好きなだけボードゲームで遊んで、温泉に入って、美味しい料理を愉しむ。

なんとも至福の時間だ。

DSC_0057

そんな時間をサポートしてくれる旅館はないのかなと調べていて目にとまったのがこの宿。なんと、ボードゲームを貸し出してくれるらしい。

早速どんな宿なのか、実際に行って、お話をきいてきました。

DSC_0110

女将 室伏ゆかりさんのお話

――本日はよろしくお願いいたします。今回は、ボードゲームを貸し出してくれる、という点に注目してお邪魔したわけなんですが

そうなんですよね、ありがとうございます。うちのこのボードゲームは、お客様の要望に応えていくうちに、種類が少しずつ増えていってるんですね。

DSC_0601

――ボードゲームのラインナップを見ると、定番のものから、マニアックなものまでありますね

うちはご覧のとおり、ゲームコーナーがないんですよ。その代わりといってはなんですが、ファミリーで来たお客様には、こういった、アナログなボードゲームをお貸しして、お部屋で楽しんでもらってます。

DSC_0737

――よくあるゲームコーナーのアーケードゲームは時間が経つと古く感じたりしますが、ボードゲームはそんな感じは受けませんね

そうなんですよ。最近のお客様はスマホでゲームされてるので、そういう意味で電子ゲームは事足りているようで。ボードゲームに関してはファミリー層だけではなく、開発合宿にいらっしゃっている開発者の皆さんにも、「息抜きや気分転換になる」ということで好評なんです。

DSC_0098

開発合宿について

――確かに、15分で遊べるようなボードゲームもありますよね。おんやど惠さんは、開発合宿にも力を入れていることで有名ですよね

ここ2年ほど開発合宿での利用が増えてきています。ひとつは、開発合宿向けの特別プランがあるってことが大きいと思います。1名1泊2食付きで平日10000円~のプランがありまして。
http://www.onyadomegumi.co.jp/plan3_lp/gasshuku.html

1 2 3次のページ
休日屋さんの記事一覧をみる
休日屋さん

記者:

お休みの日に活動するお休みライターです。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。