ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェアとその時間的変化(12月)、ICSのシェアは0.6%

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Android Developersにおいて、2011年1月3日までの14日におけるAndroidのバージョン別シェアとその時間的変化のグラフが公開されました。

今回からAndroid 4.0~4.0.3(Ice Cream Sandwich)がシェアに含まれるようになりました。初登場のシェアは0.6%。他のバージョンと比較すればシェアはまだまだ低いですが、Ice Cream Sandwichはスマートフォン・タブレット、その他の機器で使用できることから、今後伸びていくと思います。

全体的にはFroyoとGignerbreadが大勢を占めており、Ice Cream Sandwichが登場してもなおGingerbreadのシェアは伸びています。今回は過去最高となるシェア55%を記録しました。Gingerbreadで発売予定の新機種が多いこと、既存端末のIce Cream Sandwichアップデートが本格化するのはまだ先であることを考えると、Gingerbreadのシェア上昇は今後も続くと思います。

Source : Android Developers 


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note向けCyanogenMod 9 プレアルファ版が公開
HTC、Flyer Wi-FiモデルのHoneycombアップデートを開始
ASUS、Transformer PrimeのAndroid 4.0アップデートを1月12日より開始、ブートローダーアンロックツールの提供も予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。