体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トランプ大統領は必然? 専門家が語る今後のアメリカ

トランプ大統領は必然? 専門家が語る今後のアメリカ
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。1月24日(火)のオンエアでは、国際政治学者で、東京大学政策ビジョン研究センター講師である三浦瑠麗さんをお迎し、トランプ新大統領の就任式からみる、今後の国際関係について伺いました。

先日の就任式で行われたトランプ新大統領の演説については、「短くて、『仕事をする』というメッセージが前に出ていて、ある種無愛想と言ってもいいくらいの演説。オバマみたいに『みんな頑張ろう』とやる気を盛りたてるんじゃなくて、『政権やるから黙ってみてろ』という印象でした」と三浦さん。

スキャンダラスな選挙戦や過激な発言などが前面に出て、「アメリカを分断している」と、メディアを中心に言われてきたトランプ新大統領ですが、三浦さんの最新著書「『トランプ時代』の新世界秩序」(潮出版社)ではその本質が語られています。

執筆にあたり、三浦さんはまず、「なぜヒラリー・クリントンが負けたのか?」に注目したそうです。

その背景として、民主党支持者、中でも「(党内でヒラリー・クリントンの対立候補だった)バーニー・サンダース候補の支持者が、民主党に絶望していたこと」や、「トランプ支持者に、白人の富裕層も含まれていた」など、大方の報道とは違う事実があったと言います。

年収300万円以下で有色人種はヒラリー支持、年収が上がるにつれてトランプ支持率も上がるという事実から、三浦さんは、年収500万円以上の所得層は「税金を払っている」という意識が強く、貧しい層への分配だけを訴えるヒラリーに拒否反応を示し、経済の成長も含んだ上での”分配“が期待できるトランプ支持になったのではないか、と考察します。

民主党の社会福祉政策への不満や減税の考え方なども理由に挙げ、これに対し、これまでの共和党であれば超富裕層優遇だったところ、トランプは「超富裕層からはもっと税金をとる」と明言。中間層にも減税を提言するなど、共和党としては分配を重視した点でも評価されたのではないか、とのこと。

そのほかにも、2007年の金融危機以降の「就職しても車が買えない、家が買えない、結婚できない、子どもが産めない」といった状況に追いやられた若者層の怒りや、将来への不安なども背景にあるようです。

さらに番組では、これからのアメリカ、そしてトランプ新大統領の政策や本質に迫る興味深い話が繰り広げられました。それらが、日本や私たち自身とも関係があることは間違いありません。三浦さんの著書「『トランプ時代』の新世界秩序」と共に、じっくり振り返りたいオンエアとなりました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。