体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC Viveブランドのスマートウォッチ / アクティビティトラッカー「2PYV100」がFCCの認証を取得

HTC が Vive ブランドの下でスマートウォッチ、あるいはアクティビティトラッカーといった「Tracker」デバイスを開発していることが分かりました。問題の Tracker デバイスは 1 月 22 日付けで FCC の認証を取得した「NM82PYV100」です。HTC 型番は「2PYV100」になります。2PYV100 が Vive ブランドのスマートウォッチ、あるいはアクティビティトラッカーだというのは FCC ID のラベル図面のイラストがスマートウォッチっぽいデザインだったからです。ラベルの図面には「Vive」ロゴが印字されており、ラベルの貼り付け位置のイラストはスマートウォッチを背面から描いたものとなっています。ただ、Bluetooth にしか対応していないので、フルスペックのスマートウォッチではなく、簡易的なアクテイビティトラッカーといった製品だと予想されます。FCC には同日付けで Bluetooth ドングル「NM82PYV300」も認証を取得しています。PC 用 USB ドングルだと過程すると HTC Vive 用の製品なのかもしれません。Source : FCC

■関連記事
Google、一部のAndroidユーザーに「Google Playミュージック」の自動再生機能を提供
SafetyNetのアップデートによって非root端末でも「ポケモンGo」が起動しない問題が発生、USBデバッグの無効化で対処可能
プラスワン、「RAIJIN」の発売日を2月1日に延期

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。