体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽ファンも存分に楽しめる名曲尽くしの映画『SING/シング』サウンドトラック(Album Review)

音楽ファンも存分に楽しめる名曲尽くしの映画『SING/シング』サウンドトラック(Album Review)

 全米では2016年12月21日に公開された、ユニバーサルとイルミネーションのタッグ最新作『SING/シング』。映画の大ヒットを受け、12月9日に発売されたサウンドトラック盤が、最新の米ビルボード・アルバム・チャートで21位から8位に急上昇し、最高位を更新した。

 『シング』は、動物たちの住む街を舞台に、劇場を再建するため、コアラのバスター・ムーンが活躍するミュージカル・コメディ。笑える、泣けるシーンはもちろん、“歌”も映画のみどころの一つで、同サントラ盤には、キャストに加え、名だたるシンガーたちが参加している。

 先行シングルとしてリリースされた「フェイス」は、ソウル界のレジェンド、スティーヴィー・ワンダーと、現代のポップ・クイーン、アリアナ・グランデのコラボ曲。2人が掛け合うように歌う、ミュージカル調のナンバーで、12月16日には、オーディション番組『ザ・ヴォイス』で披露され、話題を呼んだ。

 本作は、キャストによるカバー曲が主となっていて、ゴリラのジョニーを演じるタロン・エガートンは、ゾンビーズの「ザ・ウェイ・アイ・フィール・インサイド」(1965年)を、原曲のイメージを崩さないよう、丁寧に歌い上げている。今年ブレイクが期待される、カリフォルニア州出身の女性シンガーソングライター、トリー・ケリーは、象のミーナ役を担当していて、2016年11月に死去した、レナード・コーエンの「ハレルヤ」(1984年)、そして同サントラ盤にも参加している、スティーヴィー・ワンダーの「くよくよするなよ」(1974年)の2曲を、トリーらしく、ポップに仕上げた。

 『アベンジャーズ』シリーズで、日本でも知名度を高めた女優、スカーレット・ヨハンソンは、『サタデー・ナイト・ライブ』のレギュラーを務めた、ベック・ベネットとデュエットし、母ブタのロジータを担当した、女優のリース・ウィザースプーンは、コメディアンとして活躍しているニック・クロールと、ショッキング・ブルーの全米No.1ソング「ヴィーナス」(1969年)をカバーしている。サントラ盤ならではのコラボレーションも、聴きどころ。

 ハツカネズミのマイク役を務めるセス・マクファーレンは、その美声を活かし、フランク・シナトラの名曲、「レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス」と「マイ・ウェイ」を見事に歌い上げている。2016年1月に急死した、デヴィット・ボウイと、ロックバンド、クイーンの共作による「アンダー・プレッシャー」(1981年)は、キャストによるカバーではなく、原曲として10曲目に収録された。

 2006年の大ヒット映画『ドリームガールズ』で大ブレイクを果たしたR&Bシンガー、ジェニファー・ハドソンが、アルバムの最後に披露する「ゴールデン・スランバー」と「キャリー・ザット・ウェイト」のビートルズ・メドレーは、見事としか言いようがない。さすがと唸らせるジェニファーの圧倒的歌唱力に、映画のエンディング・シーンが目に浮かぶようだ。

 映画『SING/シング』は、2017年の3月17日に日本公開予定。本作を聴いてから映画を観ると、また違った楽しみ方ができるかもしれない。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『SING/シング』
サウンドトラック
2017/3/8 RELEASE
2,700円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

ポール・マッカートニー、映画『SING』豪華声優陣とザ・ルーツとともに「ワンダフル・クリスマスタイム」を披露
映画『SING/シング』、第74回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート
『ミニオンズ』『ペット』に続く話題作『SING/シング』 クリスマス特別映像が到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。