体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ソイソースボトル ペンギン』頭を押して、口からピューッ・ピタッ! 楽しくてかわいいペンギン型醤油差し!

おもしろ雑貨でおなじみ株式会社ハシートップインHashyブランドから、ペンギン型の醤油差し『ソイソースボトル ペンギン』が新発売。パッと見ただけでも可愛らしさは申し分なし! さっそく使い勝手を確かめてみよう。

置くだけで可愛い醤油差し!分解可能で清潔さもキープ

『ソイソースボトル ペンギン』(税別780円)は、第82回東京インターナショナルギフトショー秋2016「女性のハートをキャッチするギフトグッズコンテスト」で見事大賞に輝いた醤油差し。確かに、丸みを帯びたフォルムにつぶらな瞳のペンギンは、食卓に並べておくだけでも癒やされる。

大きさは高さ89mmと小さめで、容量は90ml。ペンギンの顔部分や体の外側はシリコン製だが、肝心の醤油が入るお腹部分は透明なプラスチック製。醤油の残量が見えるので、使おうとしたら醤油がなかった!なんて事態を回避できる。

それでは醤油を入れてみよう。ペンギンの首元から顔部分をグイッと外して醤油を補充する。醤油の漏れを防ぐためサイズに余裕がなく、外すのに結構力がいる。「ペンギンさん、ごめんよ~」という気持ちになるが、致し方ない。

醤油を入れたら、顔部分を戻して準備完了。ちなみに体部分もプラスチックのボトル部分から外すことができ、分解して洗えるため清潔に保てるのもありがたい。

 

 

出したい分量だけ醤油がピューッ、ピタッ!!

さて、いよいよ使ってみる。ペンギンの頭部分を押すと、くちばしの先にある1mm程度の小さな穴から少量の醤油がピューッと出てきた!

一気に出てこないので、使いたい分量だけ出すことができてとにかく便利。頭から手を離すと、ピタッと止まって気持ちがいい。

少し気になったのは液だれ。毎回ではないものの、『ソイソースボトル ペンギン』を机に戻した後に、ポタポタと醤油が勝手に出てきてしまう現象がしばしば…。時にはプク~っと泡の玉ができ、それがはじけて醤油が飛び散ってしまうということもあった。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。