体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アジアで唯一、日本で開催!デヴィッド・ボウイ回顧展が寺田倉庫G1ビルにて開催決定

01231
大回顧展『DAVID BOWIE is』メインビジュアル

デヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを統括した大回顧展「DAVID BOWIE is」が、東京・天王洲の寺田倉庫G1ビルにて開催される。会期は、存命であれば70歳の誕生日となる2017年1月8日(日)から始まり、4月9日(日)まで続く。

音楽家の枠を超え、アート、ファッション、文化、社会に大きな影響とインスピレーションを与え続ける“類まれなるアーティスト、デヴィッド・ボウイ。

アジアで唯一、日本で開催されることとなった本展は、アルバム「ザ・ネクスト・デイ」をリリースした2013年より、彼の母国であるイギリス・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館でスタート。ロンドンでは、手書きの歌詞、オリジナルコスチューム、ファッション、写真、映像、ミュージックビデオ、セットデザイン、ボウイ所有の楽器、ならびにアルバムアートワークなど初公開品を含む300点以上の展示品が集結し、彼の世界観を忠実に表現した。

寺田倉庫G1ビルで開催される「DAVID BOWIE is」では、親日家としても知られるデヴィッド・ボウイのアーカイヴから集められた300 点以上に及ぶ貴重な品々が並ぶ。
会場は、ボウイのパフォーマンスを再体験できるコーナー、ミュージック・ビデオやステージでまとった衣装を通して、ファッションの変遷を辿る展示品の数々。また、山本寛斎デザインの衣装や40年以上にわたりボウイを撮り続けた鋤田正義の写真などの展示から、日本文化にインスピレーションを得て、西洋と東洋を交錯させた親日家ボウイの、日本との関わりを解き明かします。来場者にはヘッドフォンが渡され、音楽と映像でボウイの世界観に完全没入。さらに、日本独自では、映画『戦場のメリークリスマス』でデヴィッド・ボウイと共演した北野武と坂本龍一が、彼について語ったインタビュー映像が上映される。

日本を愛し、日本人を魅了し続けるデヴィッド・ボウイの世界観を体感したい。

「DAVID BOWIE is」
会期:2017年1月8日(日)~4月9日(日)
時間: 10:00~20:00(最終入場 19:00)  10:00~21:00(最終入場 20:00)
休館日:毎週月曜日
※但し、1/9、3/20、3/27、4/3 は開館
会場:寺田倉庫 G1 ビル
住所:東京都品川区東品川2丁目6番10号
チケット料金:
・一般
前売 2,200円 / 当日 2,400円
・中学生・高校生
前売 1,000円 / 当日 1,200円
・限定オリジナルグッズ付き
5,000円 ※前売りのみの取り扱い。
・ALL TIME
3,000円
※前売りのみの取り扱い。
■一般発売(チケットぴあにて販売)
・販売開始:2016年10月28日(金)10:00~
対象入場日:2017年1月8日(日)~1月31日(火)
・販売開始:12月2日(金)10:00~
対象入場日:2017年2月1日(水)~2月28日(火)
・販売開始:2017年1月13日(金)10:00~
対象入場日:3月1日(水)~4月9日(日)
※入場可能な日時が指定されたチケットとなる。
※入場日時の枠は各日、①【10:00-12:00】②【12:00-14:00】③【14:00-16:00】④【16:00-18:00】⑤【18:00-19:00】の計5枠。(毎週金曜日の⑤は~20:00まで入場可/21:00 閉館))
※手持ちのチケットの入場日時枠の中で、好きな時間に入場可能。

※入れ替え制ではない。また入場後の館内滞在時間の制限なし。
※小学生以下は無料。
※各日前日の23:59まで前売料金で購入可能。
※各日入場枠に残数がある場合は当日券を販売予定。詳しくはオフィシャルサイト(http://davidbowieis.jp/)にて案内。

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。