体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

節分に「明石のり」で恵方巻! 地元・明石でPRイベントとユニークのりグルメ

DSC_0094
節分といえば「恵方巻」で、今年の恵方は「北北西」。この恵方巻に欠かせないのが“海苔(のり)”だ。全国有数ののり産地、兵庫県明石市で2017年1月29日、特産の「明石のり」の魅力を発信するイベント「明石新のり・恵方巻まつり」が開催される。
兵庫県は海苔の生産量で国内第2位、その中で明石のりは県内生産量の約4割を誇る。特にこの時期、明石のりは収穫と生産の最盛期で“一番摘み”の新鮮なのりが味わえる。明石海峡の潮の流れで育ち、肉厚たっぷり旨みが詰まった無添加の明石のりは、全国にもファンが多い逸品だ。
イベントでは、明石のりの美味しさやさまざまな海苔グルメも登場する。まず、地元の高校生が明石のりを使ったアイデア満載の新商品「恵方パン」を企画・開発し、29日に限定販売する。また、イベント当日に明石のりを購入した人を対象に、その明石のりをたっぷり練り込んだ新食感の「明石のりラーメン」を無料提供。市内5つの漁協で厳選された、究極の一番摘み明石のりもイベント限定で登場し、5つの漁協セットなどは売り切れ必至の人気商品となりそうだ。
さらに、このイベントに合わせ、1月21日~2月5日の期間、「明石新のり・恵方巻まつり週間」として、市内約30店舗の飲食店で、明石のりにちなんだユニークなオリジナルメニューが提供される。
一例を挙げると、タコや穴子など明石三大海の幸を使ったり、ナムルで楽しんだりする恵方巻をはじめ、もちとみたらしで明石のりの味を引き立たせて味わうピザ、明石特産の清水いちごを使った恵方ロール、明石のりのパウダーとナッツで作るロールケーキなど。いずれも、明石のりを使っているのが特徴で、お店ごとの個性が出ていてどれも味わい深い。
「明石新のり・恵方巻まつり週間」のパンフレットは現地で無料配布。各店それぞれ自慢の明石のりを使ったグルメの数々、ぜひ味わってみて欲しい。
DSC_0093
DSC_0091
DSC_0080
DSC_0028
DSC_0015

明石観光協会http://www.yokoso-akashi.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

花粉症に効果 日本唯一の飛び地で発売「じゃばら」商品の数々
「ラス・スーパーフライポテト」って知ってる?
幻の高級魚「スマ」が大起水産で食べられる 話題のフィッシュガールも登場

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。