体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トランプ大統領就任式、現地はお祭りムード?

トランプ大統領就任式、現地はお祭りムード?
J-WAVEで放送中の番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「FEATURE FOCUS」。1月20日(金)のオンエアでは、ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領就任式を目前に控えたアメリカの様子を、現地から、ジャーナリストの津山恵子さんに伺いました。

アメリカ現地時間で1月20日(日本では21日の深夜)、首都ワシントンの連邦議事堂で行われる就任式。街ではトランプ大統領のグッズが売られていたり、観光客がいたりする一方、パレードの翌日には反対デモも行われる予定で、そのデモを阻止する交通規制が前回のオバマ大統領の就任のときよりも多いそうです。

今回の就任式には90万人、デモに100万人が参加する予定と言われているので、3万人近い警官が警備にあたるとのこと。

「歴史的な不人気」とも伝えられているトランプ新大統領ですが、90万人というのは、ブッシュ元大統領の30万人の3倍と、かなり多い人数。前回のオバマ大統領の200万人には及ばないものの、根強い人気がうかがえます。

今のところ、IDチェックなどは厳しくはないものの、当日はバッグを金属探知機で確認する場所が数カ所設置され、バックパックは禁止、雨の予報が出ていますが、傘も警備上の理由で持ち込みできません。パレードが行われるペンシルベニア通りは、すでに二重の鉄柵を設置し、歩行者天国になって人々が行き交っている状態だそうです。津山さんが住んでいるニューヨークは民主党リベラル派の支持者が多く、ここ数週間、暗い雰囲気だったそうですが、ワシントンには全米から「歴史的な瞬間に立ち会いたい」という人が集まっており、お祭りムードだとか。

また、今回のトランプ政権では、マスコミと大統領府との付き合い方が大きく変化することも懸念されています。ホワイトハウスでは報道する機関も記者も大統領が順番に指名するのが伝統なので、報道の自由の一部が失われる可能性もあります。

そのような意味でもトランプ大統領の最初の記者会見は大きな注目を集めていますが、津山さんは「まずは明日の就任演説を聞いて、オバマさんや、ブッシュさんと比べてみたいと思います」と語っていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時ー11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。