体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

”コスパ重視”の恋愛観とは?シェアハウス独身女子に聞いた

2017年がはじまりましたね!修羅ガールでございます。

皆様はリフレッシュして新年を迎えられましたでしょうか?私は年明けからたった6日間の間に、ピカピカの冷蔵庫や使用して間もないPCが同時に再起不能になったり、ラーメンを頭からかけられたりと、ものすごく修羅に満ち溢れた年明けを過ごしておりました。

……もうそんな時こそ、誰しもが「誰かに傍にいて欲しい、話を聞いて欲しい!」という気持ちが高ぶってくるのではないでしょうか。

f:id:kensukesuzuki:20170119113122j:plain

今回はそんな修羅ガールの気持ちに寄り添うように、和気あいあいとする男女混合タイプのシェアハウスに住む女子、たかだまなみさん(以下たかまな)に突撃取材をしてきました。お題は、「シェアハウスに住むと、婚期が遅れてしまうというのは嘘か真か」。ビジネスパーソンにとっても無視できないのが「恋愛」。近年のシェアハウスに住む若者たちの価値観に要注目です!

<たかだまなみ プロフィール>

島根県松江市出身。スーパーのつくダメ男好きを卒業し、幸せな家庭を築くことができるのかを自身で実験する、株式会社たかだまなみを設立。「ウェブ婚活にサードウェイブを」をスローガンに、ネットでお婿さんを募集中。

共有スペースに寝泊まり!?

一風変わったシェアハウスの暮らし方をしている たかだまなみさん

修羅ガール:ここは男女混合タイプのシェアハウスとのことですが、具体的にどんな暮らしをしているのかを教えてください。

たかまな:ここは共有スペースのリビングとキッチンとお風呂の他に、4~8畳の個室のフロアと、ドミトリー(2段ベッドがいくつか並んでいる部屋)があって、私は共有スペースのリビングで暮らしています。住人は、会社員やフリーター、あとは学生もいます。平均年齢は30歳前後でしょうか。

f:id:kensukesuzuki:20170119113147j:plain

修羅ガール:え!?リビングで暮らしているって、何かあったんですか!?着替えの時とかのプライバシーとか、あと、最初から不謹慎なお話で申し訳ないのですが、男女間のトラブルなどはないんですか!?

たかまな:疲れ切って会社を辞めてから、ちょっと訳があって、ここのシェアハウスの人たちに助けてもらったんです。当時は金銭的にも大ピンチだったので、無料で居場所をいただける・・・ということでリビング住まいになったのがはじまりですね。その代わり、共有スペースの家事や掃除は全部引き受けています。今は多少なりともお支払いしていますが、2年経った今もこのリビングで、快適に過ごさせてもらっていますね。

トラブル・・・私はこの暮らしで経験ないです。人が沢山いても堂々と床に布団を敷いて寝られるし、着替えはお風呂場へいってするので。下着などの洗濯物はカーテン裏に隠して干したりとか、少しだけ工夫はしてます。

常に人との繋がりを感じられる、シェアハウスの快適さの真髄

修羅ガール:快適……とは具体的にどのように?

たかまな:私は学生時代に寮住まい、社会人の時は普通の賃貸物件に住んでいたのですが、とにかく今はシェアハウスが楽しくて、飽きないです。

リビングって、みんなが集まる”ハブの空間”でもあるわけじゃないですか。だからこそ、自然とみんなのたまり場になったり、あと住人の友人が来たときなんかも、真っ先に通るのがここ(リビング)なんですよ。だから、日々新しい出会いがあるというか・・・。雪だるま式に友人も増えていきます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。