体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

爪を噛んでる、そこの男子ー! もう隠さなくて大丈夫!~マガジンハウス担当者の今推し本『飾る爪から きれいな自爪へ 育爪のススメ』

9784838728978

こんにちは、マガジンハウスです。みなさんは爪に自信がありますか? 100%満足していないようでしたら是非、今回ご紹介する本を読んでみてください。カラーリングやジェルに頼らず、簡単にきれいな自爪にすることができる‟育爪”で、これからの生活が変わりますよ!

―――というわけで本日は、本書の著書であり、育爪サロン<ラメリック>主宰の嶋田美津惠さんにお越しいただきました。嶋田さん、お会いしたかったです! 私の長年の悩みが、爪周りの皮膚が固いことでして。これは甘皮が固くなってるのか、角質なのか…。

嶋田 「そういう悩みの方は多いので、大丈夫ですよ。こういうオイルがあって…」

―――あの、実はもう一つ、悩みがありまして、なかなかオイルが習慣化できないんですよ(涙)。

嶋田 「そうでしたか(笑)。オイルが続かないというのは、塗ろうと思ってても忘れちゃうとか、そういう感じですか?」

―――色んな原因があって、忘れるっていうのもあるんですが、ハンドクリームが元々好きじゃなくて。手がしっとりしてると、触ったものが汚れるんじゃないかという気がするんです。だから爪のオイルも、指の腹のほうについちゃうのが嫌でちょっと躊躇してしまって…と、言い訳がいくらでも出てくる(笑)。

嶋田 「わかります。でも、私のやり方は、オイルに水を加えて瞬時に浸透させるので、何かに触っても平気ですよ」

―――そうなんですよね。本を読んだら、爪の‟裏”側から塗るってあって、目から鱗だったんです。

嶋田 「はい、今、やっても大丈夫ですか?」

―――ぜひお願いします!

嶋田 「まず、爪先の裏にオイルを垂らします。そうすると爪の左右の側面や溝に流れ込んでいきますよね。で、甘皮のところで溜まるんです」

―――ほんとだ、オイルはクリームと違うから細かい部分に流れ込んでいきますね。

嶋田 「爪って、折れるときはこの横から割けちゃうんです。この横の部分にオイルをつけておくと、衝撃にも強くなる。オイルがここに流れ込むことで、爪が柔らかくしなやかになるので、衝撃を受けてもしなって割れない」

―――柔らかいほうが衝撃に強いんですね。

嶋田 「そうです。で、ここまで流れ込んだらオイルを爪全体や周りに揉み込みます。爪は血行が悪いと伸びなくなるので、こうやって常に揉んであげましょう。べとつかないように、ここで水を使います」

―――ほんのちょっとですね。

嶋田 「はい、一円玉ぐらいでOK。水を手のひらにとったら、反対側の指についたオイルを水と混ぜ合わせて乳化させるんです。ずーっとこねこねしていると、どんどん浸透していく。こうすることで、爪のオイルと、ハンドクリームも兼ねる感じになります」

―――(こねこね…)そうですね、手も潤う…(こねこね)。

嶋田 「でも、潤うけど表面には残らないで、なくなるでしょう。すっかりなじんじゃう」

―――ほんとだ、全然べとつきがない! クリームだとずっと表面にとどまってて、その後に触るもの全部に指紋ついちゃってたんですが、これだと平気です。

嶋田 「すぐ浸透して表面には何もなくなったなーと思うんですが、でも、爪と指の隙間にはちゃんとオイルが入り込んで残っているので、十分ケアできています」

著者_MGL0826a

優しく穏やかな嶋田さん。爪に悩みを持つ人々の救世主的存在。

―――しっかりしみ込んでます。これは画期的! ありがとうございました。あとはこのオイルケアを継続させる課題か…。

嶋田 「日課にするならおすすめは、お昼ごはんを食べる前。注文して待っている間がいいですね。お弁当でも、いただきまーすの前にこのケアをすれば、食べている間に浸透する」

―――一日に何回やってもいいんですもんね。

嶋田 「はい、何回でもやってください。不思議なことに、オイルケアをして指先がきれいになったなって思うと、回数が増えるんです」

H「増える! 私も数えてないけど、しょっちゅうやってますもん」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。