体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リンクス、タッチやスワイプ対応のダンボールVRヘッドセット「みるボックスタッチ」を一般販売、2,500円

リンクスインターナショナルは 1 月 19 日、WHITE 社開発のスマートフォン用 VR ヘッドセット「みるボックスタッチ」を 1 月中旬に発売すると発表しました。価格は 2,500 円 + 税となっています。「みるボックスタッチ」は、スマートフォンを収納して使用するダンボール紙を本体した簡易型 VR ヘッドセットで、スマートフォンの画面をタッチする機能を搭載しており、タップ、スクロール、スワイプを実行できます。VR アプリの多くはタッチできる仕組みを備えていますが、普及している簡易型 VR ヘッドセットにタッチできる仕組みを搭載したものは少なくこの点が一番不便と感じる部分でした。スマートフォンへの対応は、筐体サイズが 150 x 76 x 10.5mm までとされているので、iPhone を始め多くのスマートフォンを収納できると思います。Source : リンクスインターナショナル

■関連記事
Googleストアで一部販売が終了したPixel Cを米国から直輸入する方法
Android Tips : LINEのメッセージ通知をPCに転送し、PC上で返信する方法
ソフトバンク、YI Technology社の低価格アクションカムと監視カメラを国内発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。