体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キングコング西野さんの「金の奴隷解放宣言」にTwitter民が反発 “北朝鮮”の話題と空目する人も

twitter

絵本作家として作品を発表し、マルチな才能を見せているお笑い芸人の西野亮廣さん(キングコング)。絵本『えんとつ町のプペル』は23万部突破と大ヒットを記録している。

そんな西野さんが、自身のブログにて「お金の奴隷解放宣言。」と題したエントリーを投稿。
http://lineblog.me/nishino/archives/9256089.html [リンク]

その中身を要約すると、

nisinosan

・絵本『えんとつ町のプペル』について「2000円は高い。自分で買えない」と小学生から意見をもらった。
・「お金を持っている人は見ることができて、お金を持っていない人は見ることができない」という事に気持ち悪さを感じた。
・「お金が無い人には見せませーん」は糞ダセー。
・今日をもって、『えんとつ町のプペル』を無料にします(ネットで全て公開します)。
・1億人を楽しませることができたら、その瞬間は1円にもならなくても、後から何とでもなると思っていますし、なんとかします。

ということ。これに対し、Twitter上では、

・ものを作るのにはお金がかかるんですよ?
・クリエイター全力で潰しにかかってて草。
・クリエイターの価値を下げることをクリエイターがしないで。
・「大勢の皆に見られた方がいいよね。」って、無断転載やイラストレーター買い叩きでよく見られた文言。

と反発する意見が多数。また、「金の奴隷解放宣言」という言葉のパワーに、

・北朝鮮で革命が起きたのかと。
・将軍様が何か発表したのかと思ったw
・真っ先に連想したのが北朝鮮だった!

と、金を“キム”と見間違う人も続出。しばらくは物議を呼びそうである。

プラムの記事一覧をみる
プラム

記者:

アイドルとおもしろ動物好きのアラサー記者。ライブ参戦は時々、ネットウォッチは毎日。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。