体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レビュー】『DAZN(ダ・ゾーン)』でサッカー観戦 知らないとJリーグが観られないぞ![PR]

DSC_0544

Jリーグのファンやサポーターにとって、今年大きく変わるのがテレビ観戦による視聴方法。これまで有料放送を続けてきた『スカパー!』がJリーグから撤退し、スポーツ中継に特化したライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』が新たに契約を結びました。

10年で総額約2100億円にのぼる放映権契約により、2017シーズンからJ1全18クラブに支給される均等配分金が1億8000万円から3億5000万円に、J1優勝賞金が1億円から3億円に増額され、きっと現場はウハウハのはず。しかし、ネット配信によるサッカー中継にやや不安を抱えたファンやサポーターも少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、筆者が実際に『DAZN』を使ってみた率直なレビューをお届けします。

登録は簡単

DAZN_1

インターネット環境さえあれば月額1750円(税抜き)で利用できる『DAZN』。今回はサッカー中継にフォーカスしますが、登録すれば130以上のスポーツコンテンツ、年間6000以上の試合が観放題となります。

昨年まで『スカパー!』の『JリーグMAX』に月額2962円(税込み)+基本料を支払っていた筆者にとっては、文句のない価格設定と断言できます。

【参考】『DAZN』今月の主な配信スケジュール:
https://my.dazn.com/help/JP-ja/schedule-of-this-month

DAZN_2

利用登録は、アカウント作成に必要な情報(氏名、Eメールアドレス、パスワード、支払い方法)を入力するだけ。アプリからはサインアップできないため、最初はブラウザで公式サイトにアクセスしましょう。5分もかからずにサービスの利用を開始することができました。

特筆すべきは、この時点でまだ利用料が発生していないこと。新規ユーザー向けに1か月の無料体験期間を設けているのです。何はともあれ、まずは体験してみるに限ります。

気になる画質は?

FireTV

テレビで視聴するため、今回は『Fire TV Stick』を利用しました。その他、対応するソニーやパナソニック、LGのスマートテレビや、『PlayStation 3』、『Xbox One』で視聴する方法もあり、今後は『PlayStation 4』や『Chromecast』、『Apple TV』への対応も予定されています。

【参考】『DAZN』推奨環境について:
https://my.dazn.com/help/JP-ja/about-recommended-devices

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。