体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

光熱費を節約!水量に応じて色が変化する世界初のスマート・シャワーソリューション「HYDRAO」

hydrao_new_1寒い冬に欠かせないのが、毎日のお風呂。身も心も温まるのと反比例して、月末のお財布はさびしい結果になりがち……。冬場の光熱費は、何とか節約したいものだ。

そこで、ご紹介したいのがこの製品、「HYDRAO」。使っている水の量が一目でわかる、世界初のLED付きスマート・シャワーソリューションだ。

・水の消費量をリアルタイムで監視

hydrao_new_2「HYDRAO」は、使用される水の量に応じて、異なる色のウォータースプレーを噴射させる。水の消費が過剰なときは、赤く点滅。水量を色によって、リアルタイムで監視できるところが、この製品の大きな特長だ。

水のしきい値とカラーは、4つに分割され、いずれもユーザー側で自由に設定が可能だ。シャワーの自然な水の流れによって駆動するので、外部電源は不要。水道代はもちろん、加熱で生じるエネルギーの節約も、同時にできるというわけだ。

・手持ちのシャワーヘッドと交換するだけ!

hydrao_new_3取り付けも、実に簡単。手持ちのシャワーヘッドと本品を交換し、専用アプリをダウンロードするだけ。アプリでは、1000回までのシャワーの履歴、リファレンスシャワーの記憶の他、光熱費のコスト設定や貯蓄の確認もできるようになっている。

1月16日に出荷を開始したばかりの本品。すでに多くのITメディアから、絶賛の声が上がっている。価格は、99.90ドル(約1万1400円)。アプリはiOS、Andoidともに対応。いずれも、ダウンロードは無料だ。

HYDRAO

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。