体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、1月23日にGalaxy Note 7の発火事故で公式発表。設計ミスだけではなく電源管理系のソフトウェアにも不具合

昨年、大きな問題となった Galaxy Note 7 の発火によるリコール騒動で、Samsung が今月 23 日に最終的な問題報告を行うと朝鮮日報が伝えました。同紙の記事では当日の発表内容の一部と見られる新情報も掲載されています。これまで、Galaxy Note 7 の発火事故やリコールの原因はバッテリー単体とされてきましたが、同紙のソースによると、Samsung が発表する原因は、筐体内の狭いスペースに大容量のバッテリーを搭載したこと、防水設計によって内部の密閉度が高まり放熱性が低下したこと、バッテリーが高温になるなど危険にさらされた場合に電源をコントロールする管理ソフトウェアの不具合とされています。設計ミスを認めたようですが、これまでに問題だと指摘されていた、少しの外圧で回路基板上の部品がバッテリー関連の部品との接触を引き起こす無理な設計とは異なる見解です。しかしいずれにせよ、バッテリー単体の問題ではなく、Samsung の筐体設計にも問題があることが明らかになりました。Galaxy Note 7 は当初、海外の一部の国で発売されたモデルでこの問題があるとされてきましたが、設計ミスを認めるので全端末に影響します。世界各国で同様の発火事故が発生するのはある意味納得のいくことになります。Source : 朝鮮日報

■関連記事
ソフトバンク、月額2,980円からスマートフォンを利用できる18歳以下の新規加入者を対象にした「学割モンスターU18」を発表
Huawei、国内版「MediaPad M3」のソフトウェアアプデートを開始
Handball WC 2017 : 日本も出場、男子ハンドボールワールドカップ2017の試合結果や日程を確認できるアプリ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。