体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京・新宿に「Gear VR」を利用してヘーベルハウスをバーチャル見学できる施設がオープン

旭化成ホームズは、1 月 21 日にヘーベルハウスの住宅展示場を Gear VR を利用してバーチャル見学できる施設「THE VISION HEBEL HAUS」をオープンすると発表しました。THE VISION HEBEL HAUS は東京・新宿の新宿 NS ビル 11F にオープンする体験型映像施設で、メインは Gear VR ではなく、壁や天井設置した 4 つのスクリーンで 360 度映像を見ながら全国の展示会場をバーチャル見学できることで、Gear VR はサブコンテンツに過ぎませんが、住宅の展示会場で活用される事例はこれまでありませんでした。 Gear VR を開発・販売している Samsung の日本法人は、同施設における Gear VR を活用した住空間の体験サービスの提供で旭化成ホームズに協力している模様です。同施設は無料で利用できることになっていますが、完全予約制です。Source : 旭化成ホームズPRTimes

■関連記事
ZTE、ドイツと米国でAxon 7やZTE ZmaxのAndroid 7.0 Nougatのベータテストプログラムを開始
XiaomiのCEOが年頭の挨拶で2017年に取り組む5テーマを発表
USB Type-CのAndroidをデスクトップPC化する「j5 Create マルチポート USB Type-C アダプタ」のレビュー

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。