体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北海道の住宅事情[後編] 東京と変わらない!? 冬の暖房費

北海道の住宅事情[後編]東京と変わらない!?  冬の暖房費

寒く長い冬が半年近く続く北海道だが、最近の住宅は断熱性・気密性が高く、ストーブをガンガンに焚かなくても家の中はあたたかい。前編では、北海道は実は室温の高さが日本一であることを紹介した。とはいえ、冬の暖房費はけっこうかかるのではないかと東京人は思っているだろう。そこで、北海道の夏と冬の光熱費の差や、一般家庭で実際にかかっている暖房費、節約のための工夫などを北海道在住歴35年の筆者が紹介する。

東京都区部と札幌市の年間光熱費の差は約3万円。意外に少ない?

総務省の家計調査では、札幌市で1年間にかかる平均光熱費は31万2818円、東京都区部では28万83円(総務省統計局 平成27年度「家計調査」二人以上の世帯の場合)。その差は約3万3000円。月平均にすると札幌市のほうが約2750円多くなっている。東京では夏のエアコン使用で電気代が増えるが、札幌市では夏よりも冬の暖房で電気代やガス代、灯油代が増える。光熱費が多くかかる時期は違うが、年間でのトータルコストは実はそれほど違わない。【画像1】出典:総務省統計局 平成27年度「家計調査」(二人以上の世帯の場合)

【画像1】出典:総務省統計局 平成27年度「家計調査」(二人以上の世帯の場合)

いちばん寒い時期の暖房費は月1万〜2万円台が目安?

では、北海道ではどんな暖房器具を使っていて、暖房費はどれくらいかかるものなのだろう。暖房費は、家の大きさや構造、断熱・気密性能、家族構成、ライフスタイル、熱源(電気、ガス、灯油など)によって大きく違ってくる。そのため、平均値を出すことは難しい。ここでは、灯油の一般的な年間使用量や、ガス・電気の夏冬の使用料金のモデルケースからおおまかな暖房費の目安を見ていくことにしたい。

■主流はガス・石油ストーブで83%

まず、北海道人は冬の暖房器具に何を使っているかを見てみよう。2013年11月にウェザーニューズ社が行った調査によると、北海道では83%がガスまたは石油ストーブ。かつては補助的な暖房だった電気ストーブは、オール電化住宅が増えたことで主要な暖房器具として使われるようになっているがこの調査では12%。エアコンは3%、こたつ、カーペットは2%とわずかだ。【画像2】北海道での主要な暖房器具の種類。2013年11月ウェザーニューズ調べ(回答者数1万5715人)

【画像2】北海道での主要な暖房器具の種類。2013年11月ウェザーニューズ調べ(回答者数1万5715人)

■灯油代はいくらくらいかかるもの?

灯油を給湯や暖房に使用している一戸建ては、建物の脇などに灯油タンクを設置している。容量は490Lで、定期的に灯油販売会社等に補充に来てもらう。道内の灯油販売会社によると、一般的な一戸建てでの灯油の年間使用量の目安は1500Lと言われているそう。1L当たり65円換算で、年間の購入価格は9万7500円。そのうち約8割が暖房に使われると仮定すると、原油価格によって変動はあるが約8万円がひと冬の暖房費の目安と言えそうだ。

■夏と冬の光熱費の差は?

北海道ではストーブを使う冬の光熱費が夏に比べて高くなる。そこで、夏と冬のガス代、電気代にはどう差が出るかを見てみよう。北海道電力と北海道ガスの協力で、光熱費の少ない8月と、暖房費がピークになる2月のモデルケースを試算してもらった。Case1は給湯も暖房もすべて電気でまかなうオール電化住宅の場合、Case2は給湯と暖房はガス、ガスから発電するシステム「コレモ」を設置し使用した場合(モデルケースは試算条件が異なるため、単純に「オール電化がいいか」「ガス+電気がいいか」といった比較にはならないので注意)。【画像3】試算:北海道電力。冬のほうが光熱費は2万7631円多い
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。