体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年に乗るとイケてるかも!? 中古車で見つかるニッチな名車たち

▲ベース車をカスタムしたものから、フルオリジナル車まで、斬新なコンセプトで開発されたモデルたち。そのコンセプトがあまりにもぶっ飛んでいて発売当時は手を出す人が少なかったものでも、今なら味が出ているケースがあります!

▲ベース車をカスタムしたものから、フルオリジナル車まで、斬新なコンセプトで開発されたモデルたち。そのコンセプトがあまりにもぶっ飛んでいて発売当時は手を出す人が少なかったものでも、今なら味が出ているケースがあります!

時代が回って、味が出てきたモデルも!

新車の販売台数ランキングを見ると、上位に入るモデルは軒並み月間販売台数が1万台以上! 上位のプリウス、アクア、N-BOX、タント、ワゴンRといったモデルは、街で見かけない日はないほど。

一方で車の歴史の中には、鳴り物入りでデビューしたにも関わらず、登場するのが早すぎて世の中からなかなか受け入れられなかったり、あまりにもニッチなところをターゲットにしたためほとんど世の中に出回らなかったモデルもあります。

ところがヒットモデルでなくても今見ると妙に味があったり、特定の使い方をするうえでは絶対に欠かすことのできないモデルもあり、それらを今選ぶことができるのも中古車の楽しみだったりします。

人によってはその突飛なコンセプトから“珍車”と呼んだりもしますが、じっくり眺めてみるとどれも独特の魅力を持っているのがわかるはず。今回は今だからこそ探してみたい珍しいモデルたちを紹介しましょう!

ハッチバックをアメリカンなピックアップに! トヨタ bBオープンデッキ

▲bBオープンデッキはリアドアを開けることで荷台と室内が繋がります。世間では“珍車”と呼ばれることもありますが、使い方によってはとても便利な遊び車です! 鮮やかなボディカラーも◎

▲bBオープンデッキはリアドアを開けることで荷台と室内が繋がります。世間では“珍車”と呼ばれることもありますが、使い方によってはとても便利な遊び車です! 鮮やかなボディカラーも◎

小さなハッチバックながら押し出しの強いアメリカンな表情が与えられた初代bBは大ヒット。デビューから15年以上経った現在でも中古車として人気があります。そんなbBには一風変わった派生モデルがあったのをご存じですか? 荷室のルーフ部分をカットし高部座席を備えるピックアップトラックにしたbBオープンデッキです。

単にピックアップにしただけでなく、荷台と居住空間を仕切る壁をハッチにして大きな荷物を積みやすくしたり、助手席のリアドアを観音タイプにするなど、随所に遊び心が盛り込まれています。これで海や山に繰り出したら、かなり目立ちますよ!

クーペとSUVの長所を融合 スズキ X-90

▲コンパクトカーとSUVの掛け合わせた“コンパクトSUV”は最近のブームですが、X-90はSUVをクーペにしちゃったモデル。Tバールーフの2シーターというところからも“本気でスタイルと心地よさを追求”したことが伺えます。荷室は割と広め

▲コンパクトカーとSUVの掛け合わせた“コンパクトSUV”は最近のブームですが、X-90はSUVをクーペにしちゃったモデル。Tバールーフの2シーターというところからも“本気でスタイルと心地よさを追求”したことが伺えます。荷室は割と広め

現在のクロスオーバーSUVブームの走りは、1997年12月にデビューした初代トヨタ ハリアーといわれています。しかしハリアーが登場する前、まだ“ライトクロカン”“RV”という言葉が普通に使われていた時代にスズキから斬新なコンセプトのSUVが登場しました。それがX-90です。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。