体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界の郷土菓子を求め、地球を自転車で駆け巡る林周作さんに聞く「あなたの知らない世界のお菓子」

世界の郷土菓子を求め、地球を自転車で駆け巡る林周作さんに聞く「あなたの知らない世界のお菓子」 画像提供/郷土菓子研究社画像提供/郷土菓子研究社

 

料理学校を卒業後、ヨーロッパへの旅をきっかけにその土地特有のお菓子、“郷土菓子”の魅力に取りつかれた林周作さん。「世界各地には、まだ知らない郷土菓子があるはず……。世界の美味しいお菓子の味を日本人に伝えたい。」そんな思いを胸に、約2年半掛けて自転車によるユーラシア大陸横断の旅をしました!

訪れた国は32カ国、調査したお菓子は300種以上に及ぶそう。そんな林さんが見つけた、知られざる世界の美味しいお菓子を教えてもらいました。これも見れば、あなたも旅に出たくなるかも!?

 

パイのようでパイじゃない!噛めば噛むほど香りが広がる “バーズラーレッカリー(スイス)”

バーズラーレッカリー(スイス)

サイコロのような四角形のこちらは、スイス北西にある時計で有名な町、バーゼルの郷土菓子。 「フランスから出発したユーラシア大陸横断の自転車旅で、最初にたどり着いた町で見つけたお菓子です。スーパーでも売っているほど、バーゼルではなじみのあるものですね」(林周作さん、以下同)

一見パイ生地のように見えるこちらの焼き菓子は、はちみつが入っているのでネチッとした食感。スパイスが効いており、噛めば噛むほどスパイスの奥深い香りが広がります。生地にはアーモンドと共に、オレンジとレモンの皮が入っており、後味は爽やか。 「表面にはサクランボのリキュール、キルシュのアイシングがかかっているので、その香りも楽しめますよ」

 

どこか素朴、でもずっしりとした食べごたえ “ モーンクーヘン(ドイツ)”

モーンクーヘン(ドイツ)

全体を覆う黒い粒が目を引くこちらは、ドイツの郷土菓子。この黒いものの正体は、ケシの実。 「“モーン”はドイツ語でケシの実のことです。レシピでは小麦粉よりもケシの実の含有量が多いくらいに、ぎっちり詰まっていますよ」

ドイツをはじめとする東ヨーロッパでは、ケシの実を使ったお菓子が多いのだそう。一口頬張ると、サクッとした表面のアイシングの後に、ケシの実特有のプチプチとした食感が。全体にずっしりとしていて、かなり食べごたえがあります。 「フランスをはじめとする西ヨーロッパと違い、東ヨーロッパのお菓子は一切れのサイズも大きくて、気取っていない、どこか素朴な感じのするものが多いです。そこに魅力を感じますね」

 

サクッとした生地と甘いフィリングとのバランスが絶妙 “シェチェルブラ(アゼルバイジャン)”

シェチェルブラ(アゼルバイジャン)
1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。