体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎世界観が、「今年は売れよう」と思った理由とは?

尾崎世界観が、「今年は売れよう」と思った理由とは?
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観)。1月9日のオンエアでは、クリープハイプ・尾崎の年越しの様子が語られました。

尾崎は年末年始、曲作りやレコーディングであまり休めなかったそうですが、「そのほうがいいですからね。休んでると不安になりますから」と一言。年越し自体は毎年、高校の時の同級生と3人で過ごしているとのことで、今年もその同級生の家で過ごしたそう。その同級生は結婚して子供もいるため、以前とは少し環境が変わってしまったそうですが、尾崎いわく「バカなふりをして」行き(笑)、いつも通りの楽しい年越しを過ごしたそうです。その流れで、年末はテレビも特別番組が多くて曜日の感覚が狂うことに触れましたが…

「その点、J-WAVEは、すぐ通常通りに放送しますからね。ありがたいですね。J-WAVEを聴いていれば感覚がボケないですね。いい局だなと思いますよ」と、突然にJ-WAVEのことを絶賛していました(笑)。

さらに先日は、清水ミチコさんの武道館ライブを観に行ったそうです。「すっごいおもしろかったですよ、本当。最高でした」とこちらも大絶賛。「あんなステージをやるのは尊敬しましたね」「久しぶりにあんなに腹を抱えて笑いました。正月早々、すごく縁起のいい物を観たと思いました」とライブについて語り、「びっくりすると思いますよ。テレビで見てる清水ミチコさんとは違うというか、素晴らしかったですね」とリスナーにもオススメしていました。

しかしそのライブ中、清水さんがクリープハイプの歌マネを披露してくれたそうなのですが、「知名度が無いのでそんなに(お客さんの)反応が無くて。その時に、ここ何年かで一番、『売れよう!』と思いましたね」と尾崎(笑)。誰かが自分のモノマネをしてくれた時に、オーディエンスから反応されるようなバンドになりたいと思ったそうです。「俺は本当に売れるぞ! 頑張る!」と2017年、意外なきっかけから決意を新たにした尾崎でした(笑)。

この日の放送では他に、ニュアンスが難しい「歌い上げていますか?」のコーナー、謎の新コーナー「笑っちゃいけない世界観」もスタートし、よくある質問に尾崎がクレームを入れていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。