体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賞金は1億円超から1500円までさまざま!? 文学賞の発表シーズンが何倍も楽しくなる『世界の8大文学賞』

ph01

世界の8大文学賞、いくつ知ってる? ボブ・ディランはノーベル文学賞受賞

文学にはまったく興味がない!と宣言している人の耳にも、否応なしに入ってくる文学賞の名前。賞の発表シーズンには、日本中、世界中のメディアがこぞってニュースに取り上げますので、詳しくは知らなくても「賞の名前は聞いたことがある」という人は多いと思います。ボブ・ディランが2016年のノーベル文学賞を受賞したことは話題になりましたね。

これを獲ったら世界一?「ノーベル文学賞」
日本で一番有名な文学賞「芥川賞」
読み始めたら止まらない「直木賞」
当たり作品の宝庫「ブッカー賞」
写真のように本を読む「ゴンクール賞」
アメリカとは何かを考える「ピュリツァー賞」
チェコの地元賞から世界の賞へ「カフカ賞」
理解するということについて「エルサレム賞」

芥川賞、直木賞、ノーベル文学賞は、こうやってできていた!

ph00

今回ご紹介する『世界の8大文学賞 受賞作から読み解く現代小説の今』(立東舎刊)は、文学賞の発表シーズンが何倍も楽しくなる1冊です。

『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』の翻訳で知られる都甲幸治さんを中心に、芥川賞作家や翻訳家、書評家たちが集まって、世界の文学賞とその受賞作品について熱く語っていくというもの。

先ほどあげました8つの文学賞が、どんな賞なのか、どんな作品が獲っているのか、どれくらい面白いのかーー。これらの賞から、現代小説の最先端を読み解いていきます。

文学賞の賞金は1億円超から1500円までさまざま

芥川賞、直木賞、ノーベル文学賞といったメジャーなものから、各国の代表的なものまで。歴史あるものや最近設立されたもの、賞金が1億円を超えるものや1500円くらいのもの。本書は受賞作品の解説にとどまらず、受賞作品の傾向分析や、あっと驚く選考の裏話までもが飛び出し、あなたの知的好奇心を大いに刺激します。

著者陣がすごい!

作家・翻訳家・書評家による史上初の世界の文学賞ガイドなので、ズラリとならんだ著者陣のお名前も豪華です。

▼『世界の8大文学賞 受賞作から読み解く現代小説の今』著者
都甲幸治(翻訳家、早稲田大学文学学術院教授)
中村和恵(詩人、比較文学研究者、明治大学教授)
宮下 遼(トルコ文学者、作家、大阪大学言語文化研究科講師)
武田将明(イギリス文学者、東京大学大学院総合文化研究科准教授)
瀧井朝世(ライター)
石井千湖(書評家、ライター)
江南亜美子(書評家、近畿大学、京都造形芸術大学非常勤講師)
藤野可織(芥川賞受賞作家)
桑田光平(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
藤井 光(翻訳家、同志社大学文学部英文学科准教授)
谷崎由依(小説家、翻訳家、近畿大学文芸学部講師)
阿部賢一(東京大学文学部准教授)
阿部公彦(東京大学文学部准教授)
倉本さおり(書評家、ライター)

最後に本書のまえがきを公開します。あなたの知らない文学賞の世界が、ここにある!

文学賞って何なんだ?都甲幸治さんによる『世界の8大文学賞』まえがき公開

tokosan

執筆:都甲幸治

文学賞って何なんだ? 毎年秋になると僕は思う。ノーベル文学賞発表の頃になると、今年こそ村上春樹が獲るんじゃないか、とメディアが大騒ぎする。あるいは芥川賞だ。一月と七月の年二回、発表されるたびに大々的に記者会見が開かれる。最近では、受賞をきっかけとして又吉直樹が『火花』を二五十万部も売り上げた、なんてニュースもあった。

ph03
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。