ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チキン×味噌×ネギ×ライスで挟む=ヤバイ!「じゃじゃ味噌チキンのライスバーガーバージョン」新発売…ただしエリア限定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ガジェット通信新製品研究室のでんたくです。

東北の人に朗報!
モスバーガーの「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」が復活販売されるそうです。
このバーガーはもともと「ご当地メニュー」として岩手県のモスバーガー店舗「モスバーガー矢巾店」の人が考案したものだそう。
昨年は全国販売されましたが、好評を受けご当地である東北地域のモスバーガー80店舗で2017年1月7日(土)から復活販売されるそうです。

そしてそのライスバーガーバージョンともいえる、「モスライスバーガー じゃじゃ味噌チキン シャキシャキねぎのせ」が新発売。
じゃじゃ味噌とチキン。それにしゃきしゃきのネギをライスで挟んだら……。想像するだけでゴクリです。

同様に、徳島の「モスバーガー鳴門店」考案の「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」も復活販売。
こちらは中国・四国地域の122店舗にて。

食べられないと言われると食べたくなるのが不思議です。全国販売されないのが残念ですが、ご当地の方々、たんとご堪能ください。

モスフードサービスさんの発表データより

●「モスライスバーガー じゃじゃ味噌チキン シャキシャキねぎのせ」(460 円)※東北地域限定

盛岡三大麺の“じゃじゃ麺”に使われるじゃじゃ味噌をモス流にアレンジし、直火焼チキンに合
わせた商品です。レタスの上に直火焼チキンと斜め切りにした長ねぎをのせ、たっぷりのじゃじゃ
味噌ソースをかけ、ライスプレートではさみました。塩などでシンプルに下味をつけた鶏もも肉(一
枚肉)は、お店でじっくりと直火焼きし、皮はパリッとこんがり焼き色をつけて、中はジューシー
に仕上げています。モスオリジナルのじゃじゃ味噌ソースは豚ひき肉に、玉ねぎ、椎茸、ごぼう、
人参など 7 種類の野菜に、甜麺醤やコチュジャン、黒酢で味付けをした、ごま油の風味豊かなピリ
辛ソースです。くせになる味わいのじゃじゃ味噌ソースとジューシーな直火焼チキンは、ライスと
の相性抜群です。

●「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」(430 円)※東北地域限定

レタスの上に直火焼チキンと斜め切りにした長ねぎをのせ、たっぷりのじゃじゃ味噌ソースをか
け、バンズではさみました。長ねぎの食感と具材感のあるじゃじゃ味噌ソースがくせになるハン
バーガーです。

●「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」(430 円)※中国・四国地域限定

レタスの上に直火焼きチキンときんぴらをのせて、特製の和風甘辛だ
れをかけ、仕上げにパリパリに揚げたれんこんチップスをのせました。
きんぴらは、ごぼうや人参、ぶなしめじなどの国産素材を使用し、甘辛
だれとのバランスを考えて薄めのやさしい味付けにしました。和風甘辛
だれは、濃口と薄口の 2 種類の醤油をブレンドし、清酒、本みりん、塩
麹に国産ゆずの風味を加え、隠し味の粗挽き唐辛子とブラックペッパー
が素材の味を引き立てます。

(ガジェット通信新製品研究室)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信』

カテゴリー : グルメ タグ :
でんたくさんの記事一覧をみる ▶
でんたくさん

記者:

おもしろ情報、得する情報、新しい情報が大好き。できるだけやわらかくみなさんに伝えられるようにがんばります。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。