ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

兄の秘密はクローゼットに隠した生首 ぼくはこっそりそれを…… 恐ろしくも美しい衝撃のホラー『ファウンド』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

Found - Still 04 - Marty and Steve

ママの秘密はベッド下のラブレター、パパの秘密は車庫に隠したヌード雑誌、お兄ちゃんの秘密はクローゼットのなかの生首――。

トロントアフターダーク映画祭ほか、世界各国のホラー&インディペンデント系映画祭で42部門受賞、50部門ノミネートされた衝撃のホラー映画『ファウンド』が日本上陸。『未体験ゾーンの映画祭2017』にて1月10日より上映となる。

主人公のマーティは11歳。学校ではいじめられ、両親も不仲。そんな彼の楽しみは、家族の秘密をのぞき見すること。なかでも、兄のスティーヴがクローゼットに隠している生首を、バレないようにそっと取り出して眺めるのが好きだった。時々変わるその生首は、ある日マーティをいじめた同級生の首へと変わっていた――。犯人は、兄なのか、“ぼく”なのか? 

「ファウンド」メイン

“クローゼットに生首”という一見不条理なストーリーが、不安定な少年の心情と、“兄弟”という絶妙な距離感の他者との関係性によって違和感なく描かれる『ファウンド』。今にも壊れそうな少年の毎日が終わりを迎えるとき、恐怖の先にある、美しく清々しいラストシーンが待っている。

ホラー映画VHSのコレクターの兄とホラー映画好きの弟の、「『ヘルレイザー』を貸して」「『ミディアン』も面白いよ」なんて会話や、劇中に登場するスラッシャー映画『HEADLESS』の描写も、ホラー好きならニヤリとしてしまいそうだ。映画『FOUND』は1月10日より『未体験ゾーンの映画祭2017』にて公開。どうぞ、お楽しみに。

『ファウンド』
監督・脚本・編集:スコット・シャーマー
原作・脚本:トッド・リグニー
制作・撮影:レヤ・タイラー
出演:ギャビン・ブラウン、イーサン・フィルベック、フィリス・ムンロ、ルーイ・
ローレス、アレックス・コギン
原題:FOUND/カナダ/英語/カラー/103分/R-15
配給:AMGエンタテインメント

『未体験ゾーンの映画祭2017』
実施会場:ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル梅田、一部作品除きオンライン上映あり
公式サイト:http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017

martyrs_s_B5_h1_05=

_MG_2154

「ファウンド」サブ1

「ファウンド」サブ2

「ファウンド」サブ3

(C) Forbidden Films, LLC All Rights Reserved.

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。