体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トヨタやフォードなど、スマートフォンと車載システムを繋ぐ「スマートデバイスリンク」を管理する業界団体を設立

トヨタとフォードは 1 月 4 日、自動車でスマートフォンにインストールしたアプリを使いやすくすることを目的としたオープンソースプロジェクト「スマートデバイスリンク」を管理する自動車メーカーによる業界団体「スマートデバイスリンク コンソーシアム」を設立すると発表しました。同コンソーシアムは、スマートフォンと車載システムを繋ぐオープンソースプロジェクト「スマートデバイスリンク」を管理する団体で、トヨタ、フォード、富士重工業、マツダ、スズキ、PSA グループ、Elektrobit、Luxoft、Xevo などが初期のメンバーとなっており、Harman と QNX も同コンソーシア参画の覚書を交わしています。スマートフォンと車載システムを繋ぐ仕組みとしては、Apple CarPlay や Android Auto が存在しますが、スマートデバイスリンクは自動車メーカーが主導して開発している点で大きく異なります。また、同コンソーシアムに参加している企業は各社の基準を満たした場合、スマートデバイスリンク経由でアプリから車両データにアクセスできるようになっています。ソマーとデバイスリンクは 2013 年にフォードの「AppLink」で採用されており、AppLink のコア機能をベースに開発されていると見られます。トヨタは 2018 年までにスマートデバイスリンクを採用した車載システムを開発するとしています。Source : 日経プレスリリース

■関連記事
Android Tips : Google HomeをChromecast対応スピーカーとして利用する方法
米Dish Network、Sling TV対応の4K Android TVデバイス「AirTV Player」を発売
Google、サークルKサンクスでもGoogle Playギフトカードの5%分キャッシュバックキャンペーンを実施

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。